経営者フリーズ脳6つの共通点

【フリーズ脳6つの共通点】
もしも経営者がフリーズしてしまったら・・・

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

さっきまで楽しく話をしていて、
なにかのスイッチを押すと
急に「わからないです・・・」っと
思考停止になる人がいます。

考えることを止めています
思考停止することを
「フリーズ脳」というそうですが、
そんなフリーズして思考停止にになる方には
いくつかの共通点があるようです。

<フリーズ脳になる人の6つの共通点>
1)全部をいっぺんに考える
2)アウトプットしたくない
3)自分だけで考える(考えたい)
4)情報が多い or 少ない
5)時間がない
6)1つの答えを探そうとする

・・・私のこれまでの肌感覚ですが、
こんな共通点になる方が多いようです。

そんなとき
私がどうしているかというと・・・

●全部いっぺんに考える人
何が一番大事なのか、話を一つひとつ聞いていくと
だんだん優先順位がわかっていくので、
その話の「大事な点(肝))を見つけて、
そこから、全体をいっしょに考える。

●アウトプットしたくない人
そもそも話したくないことは
たとえ友人でも「話さなくていい」と
思っています。なので、
「言いたくないならいいよー」と
心のハードルを下げてあげます。
言いたくなったら、勝手に話し出すので
その場は流して上げます。

●自分だけで考える(考えたい)人
哲学思考といいますか、
考えるのが好きな人もいます。
ですので、それは良いのですが、
一人遊びではなく、こちらとの
コミュニケーションを促すために
「何考えているの?教えて?」っと
考えるゲームに参加していきます。

●情報が多い or 少ない人
そもそもの情報が多すぎて
困っている場合は、情報を仕分けして、
グループを作ってあげます。
逆に、
情報が少ない場合は、
足りない情報を足したり、
スマホで調べてもらったり、
次に会うまでの楽しみとして
情報を増やしてもらいます。

情報の探し方がわからないで、
思考停止してる人も多いようです。

●時間がない
次の予定で話を切り上げたいとか、
短い時間で答えを出さないといけないとか、
「早く答えを出さなきゃ!」という
プレッシャーを感じると
思考停止してしまいます。
そんな時は、
次の機会を提案したり、
ヒントを伝えて
次回までに考えてもらいます。

●1つの答えを探そうとする人
「答えは1つ」ということが前提になっていて
「間違っちゃいけない」と1つの答えを
探して、探して、探せなくて、
結局は諦めてしまいます。
「なぜ?そう思うの?」
「どう考えたら良い?」
「別の人ならどう思う?」など
視点を変えて話をしながら
小さな答えを本人の口から言ってもらいます。
ちょっとでも良い答えをしたときに
少しオーバーアクションでも喜ぶと、
だんだん考えを話せると同時に
フリーズが溶けていきます。

【コツ】としては下記のようなことです。

・いっきに全て考えると難しいもの「細かく分解」する。
・紙とペンを使って「ひたすらアウトプット」する。
・自分で考えても答えがでないなら「他人の頭」も使う。
・情報、できれば、他人の知識・イメージではなく
 自分の「五感」に近いものに触れる。
(アメリカに行ったことのあるアメリカと、行ったことのないアメリカは違う)
・短い時間でも良いので「グループごとに整理する時間」を作る。
・時には「ぼーっとする時間」も大事な時間。
※脳科学ではデフォルトネットワーク状態のこと
・答えは一つじゃない、一つの答えを探すよりも
「たくさんの答え」を探してから考えた方が近道。
・たくさん出た答えから、必要な部分だけを一つひとつ「組み合わせる」。

中でも、一番のオススメは、
考えてもわからないことは「人に聞く」ことです。

とりあえず、分からないことは
メール・電話で聞いてみてはいかがでしょうか。

企業顧問という仕事は、
クライアントである経営者のために
新しい企画、ビジネスアイデア、市場調査、分析など
多面的に支援することを求められます。

たとえ、企業顧問でなくても、
クリエイティブ会社の社長さんは、
ご自身の会社のビジネスを考える必要があります。

そんな方にも、上記のような「コツ」は使えますので
ぜひ、活用してみてください。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料でもらう>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

The following two tabs change content below.
西尾順

西尾順

日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。S-BRAIN脳活用普及協会(S-BRAIN)理事。 理念「ビジネス、教育で社会を豊かにしたい経営者や企業と共に、子どもの可能性を最大限に開く社会づくり」を目指す。2007年に企業ブランディングとデザインの会社「株式会社クールアンドクレイジー」を設立。その後、5年間にわたり教育の現場として専門学校と大学で「企画デザイン・商品開発」の講師として教鞭を執る。日本のデザイン教育を世界へ輸出し、女性の活躍の場をつくるため構想10年かけて女性のためのデザインスクールとデザイン会社を同時に創立。その後、女性経営者に譲る。世界的な脳神経外科医師の篠浦伸禎氏に師事。脳科学から見た人の健康と教育について学ぶ。現在は、企業顧問としてデザイン、ブランディング、プランニング、営業、リーダー、帝王学、脳科学、教育学、経営学を使って「未来に向かう経営者の経営ビジョン」を多角的視点から助言している。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム