環境を変える、選ぶこと。

JPBAパーソナルビジネスアドバイザーの安次嶺 実奈子です。

 

何をするにも、環境は大事だと思っています。

例えば、私は母親が女の子には「音楽をさせたい」という教育方針を持っていて、

ピアノや声楽、フルートなど。色んな習い事をさせてもらいました。

 

ピアノはどうしても、苦手意識が取れず何度もやめたのに、強制的に通わされてた所もありますが、今でも簡単な曲なら弾けますし、音楽も大好きです。

 

私の中で、続いた習い事は「フルート」です。

「フルート」と聞くと、やっぱりお嬢さんだったのねーと、言われるかもしれませんね(笑)

フルートは、音を出すまでに何度も挑戦して、今日出たからと言って明日も同じように出るかというと、日によって調子が悪い時もあり、完全に音になるまでに時間がかかりました。

諦めなかったのには、先生が吹く姿が素敵で、フルートの音も大好きで、「私も先生みたいに素敵な音を出したい!」

そう思ったから、あきらめずに練習し続けました。

初めて音が出た日、初めて音階が出せた日、感動したことを覚えています。

 

そのあと、小・中・高と吹奏楽部・マーチングバンド部と部活でもフルートを吹くことができて、自分を表現する一つのツールになってたなと今は思えます。

 

こんなに長く続けられたのは、同じ志を持つ仲間が近くにいたということです。

音楽が好き、楽器が好き、みんなといることが好き、音楽で感動を与えたい・・・

 

沢山の想いが、共鳴して一つの素晴らしい音楽が出来上がります。

そして、目標に向かっての想いが強ければ強いほど、

目標達成が出来て当たり前。

できるに違いないと思い込みが強くて、本当に達成できてしまいます。

 

 

何が言いたいかというと、経営も人間関係も同じ志を持つ仲間と付き合うことが大事だということです。

一生懸命やりたいのに、夢中になってやりたいのに、考えや想いが違う人といても、

楽しくないし、自分が成長できませんよね。

 

なので、ぜひ今ご自分がやりたいこと、情熱を持っていることをやり遂げようと思うのなら、同じ志を持つ仲間を作ることをお勧めします。

The following two tabs change content below.
安次嶺実奈子

安次嶺実奈子

デザインカーテン専門店 近光インテリア 代表 1980年生まれ 沖縄県西原町出身。沖縄キリスト教短期大学 保育科卒業。 県内、県外で保育士としてのキャリアを積んでいたところに、父親の病気発覚し、事業を引き継いだ母の助けになりたいと、創業38年の(有)近光インテリアに入社。営業経験が殆どない中、接客・販売担当になるも、お金のブロックと「安くすれば売れる」との誤解から、高い商品を選んだお客様に対して、あえて安い商品を提案をするなど、低価格で数を売らないとならない状況から赤字が続く。倒産寸前の経営難に陥っていたところに、親川政明氏に師事することを決意。 経営再建にあたり、JPBAでも採用している経営戦略手順を実施。理念設計から始め、自分の在り方・お客様への貢献について軸を固めたところ、それを指針に高単価商品を設計でき、自然と自身のお金のブロックもなくなり、本当にお客様が求めている商品を高価格でも提供できるようになる。そこから、わずか5ヶ月で、それまでの5倍の売上を達成し、経営のV字回復に成功。その後も継続的に右肩上がりの成長を続けている。自身の経営のV字回復の体験から得た、「ビジネスを成功するのに、一番早いのはできる人に相談・真似すること。言われたことを決断し、素直に実行すること。」の教訓から、多くの経営者にもより豊かに生きるチャンスがあることを伝えるべく、JPBAに参画。
安次嶺実奈子

最新記事 by 安次嶺実奈子 (全て見る)

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム