私の思う2代目社長~やって良かった①~

JPBAパーソナルビジネスアドバイザーの安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

 

今日は、2代目社長になって困ったことは、改善案が通らないということでした。

 

前回投稿した、「私の思う2代目社長」を読んでない方は、こちらから読んで下さいね↓

https://wp.me/pa3o7Q-Mv

 

幼い頃から、「会社を継ぐんだよ」と言われて育ったので、父親が病気になった時、

・私が継がなきゃ

・私がなんとかしなきゃ

・私が・・・・

と強く思いました。

 

長女だから?しっかりしなきゃみたいな感覚でした。

 

でも、いざ会社に入ると仕事自体好きかと言われたら、好きかどうかよくわかりませんでした。

だって、父がスタートした会社なので、私が好きな仕事な訳ありません。

 

創立者は、自分の想いがあって会社をスタートします。

その想いに共感して、仕事や社員、お客様が付いてきます。

単純に、私が2代目として引き継ぐには、仕事を好きになるか、

 

情熱を持って仕事ができるか

 

にかかってるなと思いました。

 

世の中には、「すきな仕事で稼ぎましょう」「好きなことを仕事にしましょう」

と言ってる方も多いです。

 

やっぱり好きじゃないと続かないし、情熱を持てない。その通り!!

で、まずはその仕事を好きになることから始めました。

 

今ある情報が本当なのか?

 

ということで、社内の調査から。

全て、業務をこなしました。

オーダーカーテン専門店で私たちの強みは、自社縫製、自社施工ができること。

お客様の接客からなんと、不器用なりに縫製の手伝いもし、施工も電動ドライバーや脚立を抱えて現場に出ました。

 

そうすると、各部署のスタッフの流れや困っていることが分かります。

また、私からの改善案も、すんなり受け入れてくれるという現象が起こりました。

 

私の話を聞いてー

 

と何もしないで、子どもみたいに、「かまってちゃん」だったなと反省しました。

 

スタッフとのコミュニケーションを取ろうと思う時には、まず自分から現場に入ることが

一番の改善につながるということが分かりました。

 

そして、今の情報(価格もスタッフの働き方、業務など)が正しいとは限らないということ。

思い込みや過去を引きずらずに、客観的に見て、改善することが重要です。

 

 

 

The following two tabs change content below.
安次嶺実奈子

安次嶺実奈子

デザインカーテン専門店 近光インテリア 代表 1980年生まれ 沖縄県西原町出身。沖縄キリスト教短期大学 保育科卒業。 県内、県外で保育士としてのキャリアを積んでいたところに、父親の病気発覚し、事業を引き継いだ母の助けになりたいと、創業38年の(有)近光インテリアに入社。営業経験が殆どない中、接客・販売担当になるも、お金のブロックと「安くすれば売れる」との誤解から、高い商品を選んだお客様に対して、あえて安い商品を提案をするなど、低価格で数を売らないとならない状況から赤字が続く。倒産寸前の経営難に陥っていたところに、親川政明氏に師事することを決意。 経営再建にあたり、JPBAでも採用している経営戦略手順を実施。理念設計から始め、自分の在り方・お客様への貢献について軸を固めたところ、それを指針に高単価商品を設計でき、自然と自身のお金のブロックもなくなり、本当にお客様が求めている商品を高価格でも提供できるようになる。そこから、わずか5ヶ月で、それまでの5倍の売上を達成し、経営のV字回復に成功。その後も継続的に右肩上がりの成長を続けている。自身の経営のV字回復の体験から得た、「ビジネスを成功するのに、一番早いのはできる人に相談・真似すること。言われたことを決断し、素直に実行すること。」の教訓から、多くの経営者にもより豊かに生きるチャンスがあることを伝えるべく、JPBAに参画。

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加