話が噛み合わない時には。

JPBAパーソナルビジネスコーチ 安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

接客をしていて、お客様と話しが噛み合わない時ありますか?

そんな時は、文字にして説明する、もしくは写真を見せるなど、工夫が必要だと思います。

 

業種によっては、パンフレットを見せて説明したり、現物を見せて説明する場合があると思います。

 

その時に大事なのは、相手に寄り添うことだと思っていて、何を言いたいのかを良く聴くことが大事ですよね。

 

「このお客さん、何言ってるのか分からない」

「私と考えが違う」

 

と思っていると、お客様の話が聴き取れなくなります。

 

そうすると、

「絶対、これがいいですよ!!」

など、相手が求めていないものを勧めてしまい、成約できないという流れになってしまいます。

 

成約率を上げるには、お客様の話をよく聞くことです。

ぜひ、実践してみて下さいね。


メルマガ配信中

【経営力で解決】

「5か月で5倍売上を上げたママ社長流!7日間メール講座」

https://my52p.com/p/r/ljuOI7aS


【6月30日開催】保育園も選ばれる時代!!園長先生のための「保育理念」&「保育園経営入門」セミナー

https://wp.me/pa3o7Q-17c


 

The following two tabs change content below.
安次嶺実奈子

安次嶺実奈子

デザインカーテン専門店 近光インテリア 代表 1980年生まれ 沖縄県西原町出身。沖縄キリスト教短期大学 保育科卒業。 県内、県外で保育士としてのキャリアを積んでいたところに、父親の病気発覚し、事業を引き継いだ母の助けになりたいと、創業38年の(有)近光インテリアに入社。営業経験が殆どない中、接客・販売担当になるも、お金のブロックと「安くすれば売れる」との誤解から、高い商品を選んだお客様に対して、あえて安い商品を提案をするなど、低価格で数を売らないとならない状況から赤字が続く。倒産寸前の経営難に陥っていたところに、親川政明氏に師事することを決意。 経営再建にあたり、JPBAでも採用している経営戦略手順を実施。理念設計から始め、自分の在り方・お客様への貢献について軸を固めたところ、それを指針に高単価商品を設計でき、自然と自身のお金のブロックもなくなり、本当にお客様が求めている商品を高価格でも提供できるようになる。そこから、わずか5ヶ月で、それまでの5倍の売上を達成し、経営のV字回復に成功。その後も継続的に右肩上がりの成長を続けている。自身の経営のV字回復の体験から得た、「ビジネスを成功するのに、一番早いのはできる人に相談・真似すること。言われたことを決断し、素直に実行すること。」の教訓から、多くの経営者にもより豊かに生きるチャンスがあることを伝えるべく、JPBAに参画。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム