継続商品を先に売ってはいけない理由

JPBA認定講師の
商品設計&セールスアドバイザー
所司憲和(しょじのりかず)です。

 

オンラインサロンや
会員制ビジネスなどの

継続商品が
注目されるようになってきました。

 

昔から、ルート営業(御用聞き)や
郵便局のふるさと便、定期購入など
いろいろと継続するための商品がたくさんあります。

 

ここまで注目されてきてる理由は
商品が売れなくなってきるのが
一つの要因として考えられます。

 

継続商品メリット
・安定的収入が得られる
・新規顧客獲得のサービスを減らすことができる
・コミュニティー構築がしやすい

 

しかし、ここで注意です。

 

継続商品をいきなり売ろうとする人がいます。

利益商品を売って、ファンになってから
販売するというのが鉄則です。

売ってはいけない理由は
ビジネスが成り立ちづらいからです。

 

現実売ってる人たちいますよね?

はい。います!

ブランド力のある企業、芸能人や有名人など
たくさんの人に知ってもらっている人たちです。

 

 

例えば100万円を稼がなければいけないとなったとして
そこまで知名度が少なく、友人も少ない
それでもお客さんの悩みを必ず解決できる人。

①1,00人に1万円の商品を売って
=100万円です。

②10人に1万円の商品を売って
=100万円です。

②のほうが楽な気がしませんか?

ブランド力のある人や有名人、芸能人は
そこに信用力があり、多くの人に認知させることができるから
①を選択してもビジネスが成り立ちます。

 

 

そもそも考えてほしいのは

一人に対して
1万円のものを売るのと10万円のものを売る時
やるべきことは対して変わりません。

 

 

 

ただ、100人に会うのと10人に会うのでは
労力は変わりますよね!

個人でビジネスをしている方におすすめなのは②です。

 

 

だからこそ、継続商品を売る場合

高単価商品をちゃんと収益ができ
ビジネスが運営できている状態になった時に
売るべきなのです。

 

 

ぜひ、その点を踏まえて
商品設計してみて下さい。

 

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム