コーチ、コンサル、カウンセラーの人は動画をとった方がいい理由

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチ
所司憲和(しょじのりかず)です。

 

JPBAでは動画を本講座・セミナー撮影して
受講生のみなさんの復習・予習に
役立てるようにしています。

 

この動画を使いながら進めるやり方は
コーチ、コンサル、カウンセラーの方々などの
無形商品で、人にノウハウや知識をお伝えする方々に
おすすめです。

 

そのメリットについて
本日はお伝えさせていただきます。

 

動画コンテンツ【メリット1】

講師のアポを取らなくても何度でも学べる。

コーチ、コンサル、カウンセラーの場合、
アポを取らないといけませんが
本当にわからない時に聞けばいいから、
お客さんの負担が減ります。

また、講師側も同じことを説明しなくて済むようになり、
お客さんの次の展開など考えることが時間ができます。

 

動画コンテンツ【メリット2】

コンテンツが増えることでお客さんの満足度が上がる

コーチ、コンサル、カウンセラーなど、
無形サービス場合、
カタチになるものが教材やテキストですが

動画がある場合、過去の動画もみれるようになっていると
蓄積していくことが目でわかるので
お客さんの満足度があがります。

 

動画コンテンツ【メリット3】

受講生の方の信頼度が生まれる。

講師側はなにもしてなくても、
動画で受講生が見てくれるので

単純接触数が増え、
受講生側に自然と信頼をしてくれるようになります。

実際、広島で受講している方で
会ってから1ヶ月ぐらい空いても

受講生の方が
「動画で毎日見てるので、久しぶりな気がしない」
という声もいただきました。

 

 

 

というように動画コンテンツを作っておくことで
いろいろなメリットがあります。

特に、お客さんの信頼構築にはとてもいいツールです。

 

まだ、動画をとっていない方は

一度やってみてください。

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム