一瞬で変わる良い印象の作り方

高単価商品設計&セールスの講師として
仕事をすることにより

 

面識が無い方からFacebookの友だち申請をしていただくことが
増えてきました。

 

うれしいことです^^

 

ただ、面識もないからから一方的に申請だけくると
顔写真があっても、顔がない印象になりませんか?

 

メッセージを送ってからの申請と
ただの申請。

 

印象がいいのは
やっぱり、前者のメッセージからの申請ですよね。

そして、わかったのが
前者の人の方が、ビジネスもちゃんとできている人が
多いということです。

 

それで、
いきなり申請してくる人が何人もいるので

 

なんか人間的に変なのかもと考え
最近、何人か申請受諾後、
こちらからメッセージを送ってみると
ちゃんとした受け答えができるのです。

 

だったら、先にメッセージ書いた方がいいですよね。

せっかく申請したのですから
しかも、そこに申請してくれた理由が
書いてればなおさら嬉しいです。

 

相手に自分の印象を任せるのではなく
自分で自分の印象をつくる

ビジネスに活用しようとしてるのであれば
なおさら、そちらの方が、その人のためにいいか思います。

 

なので、ビジネスを広げるために
Facebookを使っている人は
是非、前者を選んでみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム