ペルソナが決まらない時にやること

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチ
所司憲和(しょじのりかず)です。

ペルソナを決めてしまうと
それ以外のお客さんが
来ない感じでして
ペルソナが決めれない。

 

 

ペルソナとは
マーケティング用語で
理想のお客さんといわれています

 

 

JPBAの受講生、
またはお客さんでも

よくこの話になります。

 

わかってるはずなのに、
自分ごととなると
どうしてもそうなってしまいます。

 

わかっていても決めれない時に
やるべきことは逆をやるということです。

 

つまり、理想のお客さんではなく
最悪のお客さんを決めえていくのです。

 

なぜ、そんなことをするのかというと
大抵の方が最悪なお客さんなら
けっこう会っているからです。

 

よーく考えてみて下さい。

 

失敗する数と成功する数
どちらが多いかと言えば
それが失敗する数ですよね。

 

失敗して修正して
そこから成功が生まれるのですから

 

それはそうですよね^^

 

そのため失敗して嫌な記憶の方が
思い出しやすいのです。

 

だから、どうしてもペルソナを決めれない
最悪なお客さんから決めてもらっています。

 

もし、ペルソナが決まらないと
思ったらまず、売らないお客さんから
きめてみてください。

 

そうすると
ペルソナが見つかりやすくなります。
一度、やってみて下さい。

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム