Googleを使ったペルソナの作り方

ビジネスをやっている個人事業主・一人起業家の方に

「お客さんは誰ですか?」

 

という質問をした場合

 

「30代から40代の女性ですかね。」

という答えが返ってくることが多いです。

 

 

この答えは、一人でやってる場合というより
法人でやっていて資本を使える会社の答えです。

 

 

つまり、いろんな人にアプローチできるので
広くお客さんを捉えることができますが

 

 

一人でやっている場合は
お金や時間の面で
難しいことから

 

 

お客さんを絞ることで
効率よくアプローチができます。

 

 

お客さんを一人に絞りアプローチをしていく方法を
マーケティング用語でペルソナといいます。

そこでは、お客さんの履歴書を作っていきます。
履歴書なので、
名前、性別、出身、職歴、趣味、好きなブランド、好きな映画

 

 

じゃあ、決めてくださいと言っても
なかなか決めれません。

 

 

という人が多かったので

 

 

私がコンサル、Web制作する際
特に女性の方にはこのやり方をやると決めやすかったです。
今回はその手法をお伝えします。

 

 

 

3つのステップです。

①ターゲットの〇〇代と性別を入力する
Googleの画像検索を使い、そこにターゲットの〇〇代と性別を入力します。

 

②理想のお客さんっぽい人を画像から決める
自分の商品を買ってほしい人を画像検索から決めてください。
それは、「っぽい」でいいです。

その時、注意してほしいことは、あなたの商品を買える
年収や貯金がある人にしなければなりません。
今日、明日生きるのに精一杯な人に売ることは、難しいですよね。
あなたの商品が買える人にしてください。

 

 

③決めたお客さんから妄想する
画像からお客さんの履歴書を妄想してください。
例えば、
名前は鈴木さんっぽいとかから決めていき
趣味は読書でおとなしいかたです。

 

 

これは1人で決めることができますが
2人で質問しながらやるとスームズにできます。

 

ぜひ、やってみてください

9月19日にセミナーを開催いたします。
ご興味のある方はぜひ!!
「セルフブランディング・高単価セールス」
JPBAオープンカレッジセミナー

https://jpb.or.jp/blog/seminar20180919/

The following two tabs change content below.
JPBA認定 商品設計&セールスアドバイザー講師 1984年生まれ。北海道浦河出身 北海道職業能力開発大学校を卒業。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて新規開発(特許1件あり)及び設計に従事。 2006年に地元である北海道浦河の過疎化を目のあたりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインの組み合わせで地方活性を模索し、 2015年女性をメインターゲットにしたプチクリエイタースクール「コペンカレッジ」を創業。 2016年地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」コンセプトにワンズラインを創業。地域の魅力を世界に届けるためにWeb事業を開始。 Webを使ったブランディングによって地元が元気になるように、リサーチ、販売促進、動画製作、Webマーケティングを強みとして事業を行っている。 年商20億円からこれから始める個人事業主まで業種問わず経営者の想いを伝えている。

最新記事 by 所司 憲和 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加