継続商品は「先」に売ってはいけない

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。

 

LTVを考えた上での商品ラインナップで
最後にお伝えさせていただくのが継続商品です。

 

じゃあ、具体的に言うなら
最近、流行ってるオンラインサロンとか
・スポーツジム
・オンライン勉強会
・通信講座
・eラーニング
・有料メルマガ
・管理費
・定期購入
・コンテンツ使用費
・etc
というふうに言い方は様々いえるかと思います。

 

ざっくりいえば、
継続的にお金が入る商品です。

 

その上で個人事業主の方が
継続商品を作る時に注意してほしいことが

 

継続商品は、あくまでも、
利益商品を売って、ファンになってから
販売するというのが鉄則です。

 

①フロント商品(継続商品)→バックエンド商品
②フロント商品→バックエンド商品→継続商品


①のように

ブランド力のある企業、芸能人や有名人など

たくさんの人に知ってもらっている場合以外は、

いきなりコミュニティーのような継続商品を売っても、
収益化するのは、根気が必要で結構大変です。

 

労力を考えても、

100万円の商品を1人に売るのと

1万円の商品を100人に売るのでは
労力が違います。


また、継続商品の価格を決めるに当たって、

月会費や年間費、月々のサポート料金などで

なるべくお客さんに負担にならずに
続けて購入できる価格が一般的ですが、

一番大事なことは、

あなたの商品はお客さんにとって
継続して購入したいと思う
「明確な理由」が必要です。

オススメとして、

・まだ関わりたい
・もっと知りたい
・これからも必要
・いっしょが楽しい
・人生がエンジョイするなど

お金ではなく、気持ちとコミットし、
ファンとして末永く大事にすることを
オススメしています!

 


一度、あなたの商品を買ってもらうお客さんの幸せを
考えてみてはいかがでしょうか。

ファンはきっと、あなたといっしょに
何かをしたいと思っていると思いますよ^^

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム