恥ずかしさを手放してください

こんにちは。
JPBA認定 理念設計&ブランディング講師の三間瞳です。

いよいよ本格的に2019年もスタートしたところでしょうか。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2019年仕事始めは、
JPBA理念策定1DAY講座開催からスタートしました。

 

今回は、ご自身の過去を振り返っていただく課題を事前にお渡ししていました。

 

その中で、理念を作っていくときに欠かせない、
過去の振り返りワークの1つとして、

人生ヒーロー曲線っていうのをやります。

 

人生を振り返って、
人生のプラスマイナスを曲線にするのです。

 

その中で、3大成功体験と3大失敗体験を
ピックアップしていただきます。

 

このワークの狙いは、

その人の強み行動力の元となる信念と、

社会を変えたい!と思う観点

浮き彫りにすることです。

 

 

以下は、私、三間の事例。

 

 

大公開しちゃっていますが、

生徒さんに聞くと、
これを洗い出して人に知らせる、というのが
なかなかに恥ずかしいらしいです。

成功体験はまぁいいとして、
失敗体験をさらけ出すのは、とても恥ずかしい。

 

私もですね、失敗体験の中に、
世紀の大失恋というのが入ってます笑

かなり恥ずかしいのですが、
なんというかですね、

 

「自分」を売り物にしていく、
「自分」という存在をブランディングしていく人は、

 

この恥ずかしさっていうのは
早々に手放してください。

 

というのは、2つ理由があります。

 

1つ目の理由は、

 

「恥ずかしい=人に知られたくない」

と思うことこそ、

あなたが深く社会への憤り
自分への不甲斐なさを感じたこと、

 

つまり、動いたこと

 

だからです。

不甲斐なく思う、情けなく思う
辛かったから思い出したくない。

でも、それこそ、
「そういう体験をもうしたくない」
「そういう体験をする人を増やしたくない」

 

という形で、
あなたの理念に繋がっているからです。

 

 

「あ、それが大事だったんだ」
ということに繋がりやすいからです。

 

 

 

 

もう一つの理由は、

 

人は

恥やかっこ悪いところ
正直に見せてくれる人信用するからです。

 

自分がそうじゃないですか?
綺麗事や、良いことしか言わない人よりも

失敗体験や自分のかっこ悪いところを
潔く語れる人のことに共感したり、
応援したくなりませんか?

 

かっこ悪い過去、失敗体験を
どんどん語っていける人であること。

 

恥ずかしい!と思ったらチャンスです。
それこそにあなたの理念が眠っていますし、
あなたが応援される人になるヒントが眠っています。

 

 

ぜひ、やってみてくださいね。

The following two tabs change content below.
アバター

三間 瞳

JPBA認定講師 三間瞳(みまひとみ) 「Cross the World株式会社 代表。 1983年生まれ。青森県出身。一橋大学卒業。 学生時代のNY留学経験と、国際交渉コンペティション参加の実力から「英語交渉」の分野での活躍の 場を求め、ベンチャーIT企業、一部上場のITゲーム会社の法務部門にて、 そのスピードと正確性、その問題把握力で、期間内の達成不可能と言われたクロスカルチャー型プロジェクトの完遂の功績から社長賞を受賞するなど国際法務部門の人材としてのキャリアを積む。 その後、「英語交渉」の分野のスキルを元に起業を志し、なにより、自分自身がより活かされ社会に貢献する道があるはずと思い、退職するものの、そこから自分の事業の組み立てに苦戦する。 軸のある経営に軌道修正ができたのは、親川政明氏に師事したことから得た、「才能」発掘と「理念」策定がきっかけ。 理念を体現するため、2018年、「多様性を繋ぐ」をコンセプトに経営者コミュニティ「First L Class」を運営開始。高級ホテルラウンジで広告なし8回連続満員御礼を達成。

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加