お客さんの本音を聞き出す「合言葉」

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。

受講生でセールスが
上手くいかないというご相談があります。

僕自身もセールスらしい
セールスをやろうと思ってた時は、
上手くいきませんでした。

きっちりした格好で
そう!保険のセールスマンみたいな!
真似をしたところで
上手くいかなかったです。

他にも試したものの
それもだめ。
本当、残念!

お客さんの本音を聞き出す事が、
大事になります。

「それ、いいですね。」

と言ってても、

そこには、
自分はいらないけど・・」
という、前提の言葉が

ついてることが多いのです。

 

そのための合言葉がありますが
その合言葉を言う前に
手順があります。

セールスのステップ

①現状を聞く

②なぜその現状になったか聞く

③その現状を選択した事を聞く

④ビジネスの目的を聞く

⑤ビジネスの将来の展望を聞く

この④まで聞けた時

⑤を聞き時

本当は、どうしたいんですか?

と聞いてみて下さい。

 

そして、その答えが聞けたら

「いつまでにやりたいのか?」

聞いてみてください。

これがお客さんの本音を聞き出す
「合言葉」になります。

 

そうすることで

お客さんに今、対応するたことを
考えてもらうことで

お客さんがあなたの商品を買おうか
検討してもらえる意識になります。

 

ぜひ、一度やってみてください。

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム