売れなかった時に注意するコト

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。

セールストークが終わって
お客さんから受注をいただけなかった。

でも、ふり返ったけど
「結局、何がいけなかったのか?」

なんてことありますか?

こういう時は注意しないといけません。
売れないのに改善がないなんてことはありません。

 

僕がやっている対処法をお伝えさせていただきます


①チェック表を用意しておくことです。

問診票みたいなものでもいいです。
お客さんも真剣に取り組んでくれていると
思ってくれるので印象がよくなります。

・手順を聞けているか?
・お客さんに問題提議できなかったのか?
・今しかないオファーをしなかったのか?
・お客さんを不安にさせすぎていないか?

などの簡単な項目ですが
これを用意するとしないとでは
結果が違ってきます。

②録音して、セールスの得意な人に聞いてみることです。

これが一番効果が高いですが
もちろん耳が痛いと思います。
そして、確実に自分の成長につながります。


自分にあってるやり方でいいと思いますが、いろいろ実践してこの2つが効果的だったので、ご紹介させていただきました。


セールスは運動と一緒です。
やらなくなると感覚は鈍っていきます。

もし売れず改善点が見つからなかったら、一度試してみてください。

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム