「いい人」って言われるけど、売れないジレンマ

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。

 

いい人だよね!
お前面白いな!
ノリいいな!
話しやすいです!

 

すごい褒められるけど、商品が売れない・・・・
で悩んでた、S・・・・

 

あ、僕です。
当時、Web制作をやっていた時
めちゃくちゃ悩んでました。

 

どうしたら売れるの?
ということで
「ヒット商品の法則」とか
「売れる私」とか
よく読んでました。

 

結果得られたことは
そういう事例があるということ

 

ただ、
「結局、どうしたらいいんですかね?」
という解決にはなりませんでした。

 

と思っていろいろ振り返ると
「結局、所司って何やってるの?」
って言われたことを思い出しました。

 

Web制作会社です。」
とお伝えしても
「どうも仕事にならない」
って時がありました。

 

それはキャラだけが先行して
売っている商品とイコールになってないからです。

 

つまり、
自分そのものを売れるようになってない
「自分が武器になってない」
ということです。

 

そのためには
なんのためにビジネスしているのか?
という個人の理念が明確になることで
お客さんに伝わりやすく説明できるようになったら
Web会社として機能するようになりました。

 

そのためのはじめの一歩として
自分のブランドストーリーを
掘り起こすことが大切です。

 

このコトについては
次回書かせていただこうと思います。

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加