所司 憲和 ブランドストーリー1

ところで、突然ですが
イジられキャラで34年間生きてきました!
イジられてきたことには自信があります(笑)

 

現在は、経営コンサルタントと
「ビジネスの仕組みを提供する」ビジネススクール講師をし
地方活性化をテーマに
腕に自信ががある職人経営者に経営をお伝えしています。

 

今は、地方のためにと日夜仕事をしていますが
いじられキャラの僕がなぜそうなったのか。
そのストーリーについてお伝えします。

 

先程も冒頭でおつたえしましたが

大事なことなので

僕は、イジられキャラで34年間生きてきました!
イジられてきたことには自信があります(笑)

 

 

そう言えるのは、人生の大半をそれで悩んで来たからです。

 

どうすればいいのか?

 

イジられキャラは、本当に誹謗中傷を言われやすい対象です。
それが、思春期であれば
それはいじめになります。

 

 

大変でした。
一言で終わらないぐらい・・・
あまりおもしろくない話なので
ここは割愛しますが

 

 

そのような経験もあり
イジられることに対して、
イジられキャラという言葉に対して
いい感情はありませんでした。
イジられキャラを脱したいと思ってましたが

 

 

学生が終わればそれも大丈夫かな〜なんて思ってたら
社会人だってそれは変わりません。
それが体育会系の部署だったらなおさら!

 

会社に入る前のパーティーで
事件は起こります。

 

 

「おい!大谷(仮名)」
※その方の名誉もあるので仮名です。

 

 

先輩「おまえだよ」

 

自分「え!?僕ですか?」


先輩「おまえ、大谷にそっくりだな」

 

自分「いや、知らないんですけど・・・」
(もしろ、あなたは誰なの?・・・)

 

先輩「おまえ新入社員か」

自分「はい」

自分「はじまめまして、所司っていいます」

先輩「うん?ジョージ?しょうじ?」

 

 

(ああ、名字がね、珍しいもんね。)
(ああ、佐藤って名字になりたい(泣))
(これはもうだめなパターンだな・・・・)

 

 

先輩「今日からお前、小谷ね!」

自分「いや、所司です。」

先輩「おいみんな。大谷の弟入ったぞ、小谷!!」

先輩「おい。大谷、こっちこいよ!」

 

集まった他の先輩方「まじで似てるわ〜」

集まった他の先輩方「小谷、よろしくな」

自分「いや、所司です。」

 

 

その後は、飲みコールで二日酔いでした。

会社に入る前に心がポキって折れ

ああ、ここでやっていける気がしない・・・・

まだ、正式な自己紹介もしてないのにいじられるとは・・・・

 

 

その後、入社式をして
新入社員ですから
来る日も来る日も飲み会で

 

自己紹介するたび
どっかの偉い人「ああ、君か!小谷くん」

自分「いや、所司です。」

(ああ、そっち完全に広まったのね。)

 

100人規模の子会社に配属されたので
一週間もたたないうちに
あっという間に広まってました。

そして、新入社員で誰よりも目立ってしまったので
飲まされて、次の日、誰よりも早くに遅刻をして
社内全員に遅刻のことでイジられるってことがありました。

 

 

同期から

「良いな顔覚えられて」

「楽しいそうじゃん!」

 

 

なんて、お気楽なことを言ってましたが
こっちは、来る日も来る日もイジられると
さすがに疲れるんです。

 

 

 

イジられキャパが持ちません。
※一日にイジられても大丈夫な人数

 

 

それでも、誰も待ってくれないわけで・・・

 

 

先輩「おい!目が開いてないぞ!」
先輩「小谷!!」

自分「いや、所司です。」

 

 

先輩「おい!顎が伸びてるぞ!」
先輩「小谷!!」

自分「所司です!」

 

 

一時時期、社内で「所司です!!」が流行りました。
ちょっとしたアンジャッシュの児島さん扱いですね。

 

 

半年で疲れ切って
もう逃げれないこの呪縛!!

 

 

そこで開きなおったのです。
もう!わかった!
イジられキャラを磨こうかじゃないか!
と決め本を探しましたが

 

ただ、イジられキャラのイジられ方なんて
本はないわけです。

 

 

愛されキャラとか
そのような言葉で書かれてる本はありましたが
マインドがどうのこうのって話ばかりで
こちらが意図した本は見当たらなかったし

Webにも脱し方は、反応しないこととか
わかりきってることしか書いてないので
参考になりませんでした!

 

 

こっちは、円滑にしかも疲れない
イジられ方を教えてほしいんだ!

 

 

なぜ、ないんだ馬鹿野郎〜!
と何度心の中で叫んだか!!

 

 

というわけで結局、本はなかったで
ここからは独学でいじられ方について勉強していきました。

 

 

ブランドストーリー2へ

 

LINE登録お願いします。
https://jpb.or.jp/line/

所司にご興味のある方は友達申請お願いします。
https://www.facebook.com/shojinori?ref=bookmarks

 

東京11月24日「失敗しない起業の仕組み」 実践ワークショップ

The following two tabs change content below.
JPBA認定 商品設計&セールスアドバイザー講師 1984年生まれ。北海道浦河出身 北海道職業能力開発大学校を卒業。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて新規開発(特許1件あり)及び設計に従事。 2006年に地元である北海道浦河の過疎化を目のあたりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインの組み合わせで地方活性を模索し、 2015年女性をメインターゲットにしたプチクリエイタースクール「コペンカレッジ」を創業。 2016年地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」コンセプトにワンズラインを創業。地域の魅力を世界に届けるためにWeb事業を開始。 Webを使ったブランディングによって地元が元気になるように、リサーチ、販売促進、動画製作、Webマーケティングを強みとして事業を行っている。 年商20億円からこれから始める個人事業主まで業種問わず経営者の想いを伝えている。

最新記事 by 所司 憲和 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加