所司 憲和 ブランドストーリー4

ビジネスを勉強しようと思い、

個人でやられてるビジネススクールに入ったものの、
結局想いがあっても自分には何ができるのか?
ばかり考えて行動する事は、できませんでした。

自分の何ができるばかりで、

自分が、何をしたいのか。

そもそも忘れてしまってました。

気づくのに二年間かかりました。

しかし、その間会社員の傍ら事務局として働いて、

いろいろとスキルを身につけていきました。

webサイトの作り方

メルマガの作り方

セミナーの開催方法

スクール運営に関しては、

自分で失敗しながら本当にいろいろ学びました。

そんな時、デザイン会社と社長さんとお会いし、
話していく中で、

デザインスクールの構想があるという事で、
これだと思いました!

これなら何もない自分でもできるかも!

そこから打ち合わせを重ね

当時、シングルマザー問題がニュースで取り上げられてて、
子どもの弁当代を出せない母親がいるということから

 

女性をターゲットはどうだろうという事になりました。

 

何かの調査で、じいちゃん、ばあちゃんたちを
元気にするには、孫を元気にすると
いいという内容を見たことがあり、これなら全部、繋がると思い。

 

女性をターゲットにした
デザインスクールを立ちあげる事にしました。

 

そこから会社員をやりながら

デザインスクールをやるということをやってましたが、
集客がうまくいくわけもなく悪銭苦闘してました。

そんな中、事は重なるもので

会社員の仕事が新規プロジェクトが立ち上げるということになり
また、主担当になるという事だったので
そうなると会社員をやりながらは厳しいくなることがわかり、

会社員をやめ退職金をもらい、
デザインスクール一本でやることにしました。

さあ、やろうと思っても、何かを変えた訳ではないので、
結局、すぐにはうまくいきませんでした。

集客のために異業種交流会に行っては、
ただ、お金を使う毎日。

 

交流会には行って、行って、行って、行って

「あら、なんにもならない(泣)」

それでも淡い期待を胸に

次はお客さんになってくれるお客さんが現れるはずと
また行って、行って、行って

気づいたら交流会費だけで

50万円使ってました(笑)

生活費も含め、ほぼ退職金を使い切り

生活に困るレベルになり
時間の融通がきく、ホテルで働いたりもしました。


ホテルでは29歳でこんなに怒られるかってぐらい怒られて、

デザインスクールなんて、辞めれば良かたと思いました!

「辞めれば楽になれる」

「なんでやってるんだろう」と

何度そう思ったか!!

それでも辞めれなかったのは、

地方活性というただ一点の想いでした。

挫けそうになるたびに

こんな所で、挫けてたまるか!地方活性をするんだ!

と自分に言い聞かせ、なんとか自分を奮い立たせてました。

 

講師陣も集客してくれるようになりなんとか

集客がうまく行くようになっていきました。

満員御礼になるようになって

事業はうまくいきはじめました。

埼玉校をフランチャイズ展開ができるようになった所で

ビジネスモデル自体、あまり収益化ができてなかった事から
経営権を譲り、もっと直接的に困っている人を応援しようと
Web制作事業を開始することにしました。

ブランドストーリー5へ

 

LINE登録お願いします。
https://jpb.or.jp/line/

所司にご興味のある方は友達申請お願いします。
https://www.facebook.com/shojinori?ref=bookmarks

 

東京11月24日「失敗しない起業の仕組み」 実践ワークショップ

The following two tabs change content below.
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加