絞る事が「これ以外も出来る?」と言われる伏線

JPBA認定講師の
商品設計&セールスアドバイザー
所司憲和(しょじのりかず)です。

 

「お客さんを絞って下さい」

 

と言われてもどうもしっくりこなかったですけど、

所司さんにあって、はじめて意味がわかりました。

 

という感想をいただきました。

嬉しい感想ですが

ぼくもそもそもはできませんでした。

 

それどころか絞った後、

この効果が本当なのか?

この絞るを体感できたのは?

Web制作事業を開始しようと思った時です。

 

 

お金もない

実績もない

人脈もない

そんな時に、知り合ったのが

社員のツテでお知り合いになった

エステサロンのオーナーさんでした。

 

その時やったのは、

オーナーさんに気に行ってもらうための

エステサロン向けに制作しました。

 

 

そして、いろいろやっていく上で

いろいろなは業種に合わせて作るのは

制作上難しいこともあり

だったら、

エステサロン向けに作ることにしました。

 

そして、だった価値もあげるために

もっと写真もデザイン性もアップしようと

Webページの品質を上げていきました。

 

 

そうなるとどうなったのか?

 

 

エステサロン以外の業種の方から

「これ以外もできるの?」

という言葉でした。

 

 

結果として、エステサロン以外の受注も

もらうようになりました。

 

 

必要なのは、

絞るというより

その人専用のものを作り上げることです。

 

 

その商品が完璧にお客さん専用になっていたら

「その人以外のも(わたしのも)できる」

とほしくなるのです。

 

 

一度、絞る時、

一番あなたのお客さんになってくれたらいいなって思う人の

専用商品を作ってみるといいかもですね。

 

 

商品の作り方については

メルマガでお伝えしているので

もしご興味のある方は、
https://jpb.or.jp/7days_productmail/

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加