独立したのに時給1250円!!?

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。

 

JPBAの受講生で
すごい!大変な作業にもかかわらず
ついつい、格安で提供してしまう人がいます。

 

提供してみないと
その商品価格が適当なのか
わからない!という気持ちは

 

僕自身もあったことなので
すごい。気持ちはわかります。

 

確かに、作業時間はやってみないとわからい
やってみてようやく作業時間がわかると思います。

 

ただ、できれば
その前に、気づけたほうが
ご自身は楽ですよね。

 

これを解決する方法は

 

時間給でまず計算することです。
例えば、20万円で提供しているとして
それを一ヶ月(土日休み)かかるとします。

 

1日8時間として
一ヶ月20日として
160時間

20万円÷160時間=1250円

ただ本人の希望時給1万円

20万円という商品価格ということであれば

作業時間は20時間
ということになります。

 

しかし、いろいろかかるので実質として

50時間かかるということであれば

 

つまり、望ましい商品価格は
50万円ってことです。

 

そして、50万円という本人がほしい価格が
もらえるなら無理なく提供できるということなので

 

お客さんにも誠心誠意お付き合いできるので
品質も安定し、
ゆくゆくのクレームなどもなくなります。

 

自分の商品価格が
まず妥当なのか?

 

わかならいと思った時は
ぜひ、この計算をしてみて下さい。

The following two tabs change content below.
アバター
JPBA認定講師商品設計&セールスアドバイザー 1984年生まれ。北海道浦河出身。東証1部上場の電子顕微鏡メーカーにて、日本人で初めてフェラーリをデザインした方の設計責任者を経験。新規開発及び設計に従事(特許1件あり)。 2006年、地元である北海道浦河の過疎化を目の当たりにして、この現状をどうにかしたいと考え、地域の活性化とデザインとの組み合わせで地方活性を模索し、2015年、「地方の活性化」を理念にワンズラインを設立。代表に就任。同年、デザインスクール事業を開始。 2018年、地方をもっと活性化するために「地方を世界へ」をコンセプトに「ワンズライン合同会社」を設立。地域の魅力を世界に届けるためにWebブランディング事業を開始。 現在は個人の理念である「地域社会の発展」に貢献するためにワンズライン合同会社の経営と個人事業主向けに経営コンサルティング事業を行っている。

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加