離島から学ぶ超シンプルな成功の秘訣

こんにちは。

理念設計&ブランディングコーチの
三間 瞳(みま ひとみ)です。

 

東京都の離島から学ぶ
成功するために必要な超シンプルなこと!

 

やっぱりこれなんだな、
これがないと成功なんてしないんだな、
とよくわかった体験。

 

 

先日、まだ梅雨明けしていない
肌寒い季節というのに、

 

東京都の南に位置する式根島という離島に
夫と早めの夏休みとして行ってきました。

 

 

すっごく綺麗な湾があるんですが

 

まぁ、寒すぎて、
たくさん持っていった、海グッズ
(シュノーケルの道具とか浮き輪とか)も全く使わず、
結局、一回も海水浴・泳ぐ目的では海には入らずでしたが、

 

海岸線に天然温泉が湧き出ていて、
温泉を海水で割ってちょうど良い温度にする
天然の温水プールみたいな海に入れて、
それはそれでリラックスしていきました。

 

この街は、人口わずか500人。
宿泊施設は、基本、民宿しかなく、
民宿が夜の食事を提供するので
夜に空いているレストランというものは存在しない。

街にはコンビニは1件もなく、
昔ながらの商店が4つのみ存在。
どちらも19時には閉店

ランチ営業しているレストランは、
わずか3件のみ!

 

もちろん、スタバとかカフェなんていう
シャレオツな場所はない

 

東京都とはいえ、超絶、田舎です。

 

 

でも、だからこそ、
手付かずの自然があって、
真夏にいくと、

 

 

超絶キレイで、癒される海。

 

離島とはいえども、住所は「東京都」なので、
高速フェリーで竹芝桟橋から3時間と、
首都圏からアクセスしやすいため、

知る人ぞ知る感じではありながら
夏は観光客がわりかし訪れてはいるものの、

 

やはり沖縄の離島の著名さや人気には
影を潜めている感が否めない、東京の離島。

 

ここの離島の素晴らしい景色は
あまり知られていなくマイナーなことに
残念さを感じているのですが、

 

私といえば、

この「離島」そのものが商品だとして、
ビジネスとして、この「離島」が売れる、
ビジネスとして成功するためには
何が必要なんだろうか。。。

 

この島が商業的には、
いまいちパッとしないのは、
どこに課題があるからなのか。。。

と、職業病の虫が考えてしまって笑

 

 

島に3件しかレストランに行った時に
その答えがありました。

 

 

美味しいんですよ。
名物の明日葉チャーハンや、
サンバレーのとりねぎそばとか。

 

もう、でも、決定的でしたね。
お店に入った途端に感じる空気感。

 

 

観光客は、
あんまり歓迎されていない

 

という滲み出てしまう空気感。

 

夏だけ忙しくって、
お店の人、とっても面倒くさそう。。。

っていうね笑

 

ご飯食べに来て、
あなたをさらに忙しくてごめんね!!

 

って思わず、
お店に来てお金払っているのに
謝りたくなってしまった笑

 

つまり、「離島」という商品を
「売りたい」「流行らせたい」
「たくさんの人に来て欲しい」とは、
積極的に思っていないんだな、ということが

 

レストランだけではなく、
島にいる人たちの全てから発せられている。

 

 

つまり、成功しようという「意志」がない。

ハナから、諦めている。

 

そこには
やってやろう、という闘志がない。意志がない。

 

まぁ、離島に限らず、
田舎あるあるなんですが、

 

これではやっぱり
土俵に乗れないよな〜〜〜

 

としみじみ感じてしまいました。

 

逆にいえば、

 

あなたがどこにいても、
どんな条件であっても、
あなたが何を持っていて
何を持っていなくても、

 

成功しよう!
自分の人生をよくしよう!!

という意志さえあれば

 

そこには必ず道が開ける。

 

あなたは、
自分の闘志、燃やしていますか?

 

 

————————-

〜唯一無二の人生ストーリーをビジネス価値に変える〜
「主人公ブランディング」
JPBA理念&ブランディングコーチ
https://jpb.or.jp/mima-hitomi/

The following two tabs change content below.
アバター

三間 瞳

JPBA認定講師 三間瞳(みまひとみ) 「Cross the World株式会社 代表。 1983年生まれ。青森県出身。一橋大学卒業。 学生時代のNY留学経験と、国際交渉コンペティション参加の実力から「英語交渉」の分野での活躍の 場を求め、ベンチャーIT企業、一部上場のITゲーム会社の法務部門にて、 そのスピードと正確性、その問題把握力で、期間内の達成不可能と言われたクロスカルチャー型プロジェクトの完遂の功績から社長賞を受賞するなど国際法務部門の人材としてのキャリアを積む。 その後、「英語交渉」の分野のスキルを元に起業を志し、なにより、自分自身がより活かされ社会に貢献する道があるはずと思い、退職するものの、そこから自分の事業の組み立てに苦戦する。 軸のある経営に軌道修正ができたのは、親川政明氏に師事したことから得た、「才能」発掘と「理念」策定がきっかけ。 理念を体現するため、2018年、「多様性を繋ぐ」をコンセプトに経営者コミュニティ「First L Class」を運営開始。高級ホテルラウンジで広告なし8回連続満員御礼を達成。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム