経営者は映画監督

こんにちは。
理念設計講師の三間です。

 

たまに、
「目標を立てない主義なので」とか
「理念」とか「ビジョン」という言葉が、
そもそもあまりピンと来ていない方に出会いますが、

 

経営者、もしくは経営者になろうとしている人は、
これだと、残念ながら、
どこまで言っても上手くいくことはありません。

 

私が実際にそうでした。

私も起業当初、明確なビジョンを持たずにいて
だからこそ迷走し、あらゆる情報や人に翻弄され、翻弄し、

 

騙されてお金取られて以後連絡取れなくなったり
逆に、今思うと巻き込んでしまって申し訳無かったなと
猛省することもあったりでした。

 

自分がその事業を通して、
誰のどんな悩みを解決して
その結果、どういう未来(社会)を創るのか。

それがグラグラだと
お金になりそうな話や
自分が満たされそうな話が来ると、
飛びついてみては
あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。

 

余計なところにエネルギーを散財して
本当に投下すべきところにエネルギーが投下されない。

 

結果として、大成しません。

 

この、
目標は描かない=>

ビジョンが描けない、
ビジョンがわからない、

ということは、

 

映画監督が、自分の撮影する映画について、
「映画の方向性や結末がわからない」と言っているようなもの。

 

映画監督が映画のストーリー、描きたい世界観、
大事にしたいコンセプト、結末を描かなくて、
一体誰が描くというのでしょうか。

 

こんなことを言っている映画監督がいたら、
撮影が完了するのか、俳優もスタッフも
困惑するのは容易に想像つきますよね。

 

 

 

経営者がビジョンが描けない、というのは、

 

自分の会社の未来がわからない、
会社が将来行き着く先がわからない、

 

と言っているようなもの。

 

 

ビジョンという言葉がピンと来ないなら、
自分が自分の人生や会社の映画を撮る映画監督だと
想像してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

あなたは、

あなたの「人生」もしくは「会社」を


一つの「映画」と見立てた時、

 

その映画の監督はあなたしかいないわけです。

 

あなたは監督として、

社会どんなメッセージ届けたいですか?

そのために、どんなエンディングを用意しますか?

 

ぜひ、考えてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
アバター

三間 瞳

JPBA認定講師 三間瞳(みまひとみ) 「Cross the World株式会社 代表。 1983年生まれ。青森県出身。一橋大学卒業。 学生時代のNY留学経験と、国際交渉コンペティション参加の実力から「英語交渉」の分野での活躍の 場を求め、ベンチャーIT企業、一部上場のITゲーム会社の法務部門にて、 そのスピードと正確性、その問題把握力で、期間内の達成不可能と言われたクロスカルチャー型プロジェクトの完遂の功績から社長賞を受賞するなど国際法務部門の人材としてのキャリアを積む。 その後、「英語交渉」の分野のスキルを元に起業を志し、なにより、自分自身がより活かされ社会に貢献する道があるはずと思い、退職するものの、そこから自分の事業の組み立てに苦戦する。 軸のある経営に軌道修正ができたのは、親川政明氏に師事したことから得た、「才能」発掘と「理念」策定がきっかけ。 理念を体現するため、2018年、「多様性を繋ぐ」をコンセプトに経営者コミュニティ「First L Class」を運営開始。高級ホテルラウンジで広告なし8回連続満員御礼を達成。

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加