「らくらく起業」する方法はありますか?~起業で成功する「4つのポイント」

安次嶺 実奈子 JPBA経営者コラム

創業40年デザインカーテン会社 2代目社長
JPBA沖縄エリア支部長
安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

先日、
「らくらく起業する」方法はありますか?と
これから起業したと考えている方から
ご質問を受けました。

今日は、
知識ぜロでも大丈夫!
起業で成功する「4つのポイント」を解説します。

————————————————————————-
起業で成功する「4つのポイント」

①「どうして?」起業した理由を言葉にする
②「誰に?」どんな相手を対象にするか考える
③「何を?」どんな商品を提供するのか考える
④「どうやって?」起業の方法(形態)を決める
—————————————————-

結論からいうと、起業するのは簡単です。
ただ、続けることが難しいので
起業した後が重要です。

起業すると、会社員のように定期的にお給料が
あるわけではありません。
そして、赤字になった場合には自分の
貯金を切り崩すことになります。

「起業貧乏」にならないためにも準備が
必要になります。
一つづつ解説していきます。

—————————————–
①「どうして?」起業した理由を言葉にする
—————————————–

先日、ご相談いただいた方は
現在お勤めで会社員3年目の女性の方でした。

今の仕事にも誇りを持って
取り組んでいるのですが
コロナ渦で給料が減ったり
仕事にいけなかったりしたことで
将来が不安になってしまったとのことでした。

実際に、お給料はコロナ渦前より
10万円も減ってしまったとのこと。

会社で勤めているだけでは
自分の身は自分で守れないかもしれないと
思い、今から起業するための準備を
するならどんなことから始めるのかを
教えてほしいということで
ご相談がありました。

戦略(やり方)の前に起業する理由(在り方)を
自分の中ではっきりさせることで
困難なことがあった場合に向き合うことが
できます。

例えば、
☑なぜ副業や趣味ではなく
本業のビジネスとして取り組みたいのでしょう?

☑自分の「やりたいこと」は、
あえてそこを飛び出さないと
できないことなのでしょうか?

これらに答えられることができますか?

ご自身の中ではっきり決めておくことが
始めの一歩になります。

この質問が明確になったら
次に行うことがあります。

私が経営コーチとして活動している
「起業・経営の教習所」JPBAでは
始めに「個人理念」「ビジネス理念」の策定
を行います。

起業すると、
☑どうして起業したのですか?
と聞かれることが多くなります。

その際に
☑自分の生活のために起業しました

という答え方だと
お客様からすると、「自分のためなのね・・・」
と思われてしまい、ビジネスに繋がらなく
なってしまいます。

では、どうしたらいいのかというと
どのように相手に
自分のことを紹介するかによって
印象が変わります。

自己紹介をするだけで、
紹介が増えるなんて嬉しいと思いませんか?

私自身も、実際に自己紹介だけで、
紹介をもらい、その後アポに繋げることができ
売上に繋がったという経験も多く有ります。

では、どんな風に自己紹介をしたらいいか
というと商品を説明するのではなく、
相手にどんなことでお役に立てます
ということを明確に伝えましょう。

詳しくは、以前解説していますので
こちらを参考にされてくださいね。
↓  ↓  ↓
起業で成功する「3つめの自己紹介」を使いこなそう!
https://note.com/minakobijines/n/n82963cc0bf93

なぜ起業するの?
という問いから売れる自己紹介の話まで
お伝えしました。

長くなりましたので、

次回の配信では
どんなお客様を対象にしたいのか?
について、
☑お客様の決め方
についてお伝えします。

最後まで、読んで頂き
ありがとうございました。

次回イベントのご案内

【トークイベント開催】
2022年4月24日(日)15:00~

【ジュンク堂那覇店トークイベント】
安次嶺実奈子「90日パーフェクト起業ワークブック」
発売記念トークイベント

 

イベント詳細はこちら

 

最新の経営・起業セミナー

 

 

関連記事

single