「伝わらない」と思う時に、オススメの方法

・安次嶺 実奈子 経営コラム

JPBAパーソナルビジネスアドバイザーの安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

 

経営の仕組み化を習慣付けると、経営者は楽になります。

 

仕組み化というと、私のはじめの印象は、

・あればいいと思うけど、作るまでの時間がかかる。

・感覚でこなしているので、言語化するのが難しい。苦手

という感じでした。

 

でも、一人で出来る範囲は限られているので、作らざる終えない状況になったのもあり、少しづつ作りました。

 

作成するのに、気を付けること

①子どもでもわかる言葉で、細かく決めること

例えば、トイレ掃除のマニュアル

毎日すること

①便座を上げる

②トイレクリーナーシートで便座を噴き上げる

③蓋を閉める

④トイレットペーパーの補充

⑤床にごみが落ちていないか確認

⑥汚れが激しい所は、水で流すして洗剤で洗う。

⑦スリッパを並べる

週に2回すること

①床、便座を水で流す

②洗剤で床、便座を洗う

③ぞうきんで拭き上げる

④いつもと同じルーティーンをする

 

という感じで、細かく指示します。

 

②終わったら、チェックシートに記入する

よく、コンビニのトイレとかにもあると思うのですが、

誰がいつ、何時に掃除しました。

というチェックリストです。

それを用意すると、達成感や証拠にもなりますので、ぜひ用意することをお勧めします。

 

私は、「伝える」と「伝わる」は違うと思っています。

伝えたつもりなのに、伝わっていないということは、仕組み化が足りないか、具体的な行動をリクエストできていない場合があります。

「伝わらないんだよなー」と思う場合は、ぜひ、具体的にリクエストすることを心がけてみて下さいね。

 

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single