【沖縄】「理念策定講座」開催しました。

・安次嶺 実奈子 経営コラム

JPBAパーソナルビジネス経営コーチの安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

「理念策定講座」を開催しました。

今回の受講生は、2人のお子さんを子育て中のママ。

今までやりたいと思っていたことを形にして、社会に貢献したいという想いから受講されました。

 

この講座は、1日で「理念策定」をします。事業をすでに始められている方でも、理念が明確でなかったり、形だけで浸透していない場合もあります。また、これから起業しようと思っているが、何から始めたらいいのか分からないという方にもおすすめです。

 

では、少し内容に触れていきますね。

「理念」を考える時に、だいたいの人は「個人理念」と「ビジネス理念」がまざっていることが多いです。

 

では、「個人理念」と「ビジネス理念」の違いは何かというと

 

「個人理念」・・・自分自身の貢献できる内容

例)月100万円ほしいので、何でもいいから商品を売りたい

 

「ビジネス理念」・・・他者(社会)にどう役に立ちたいかという内容

例)インテリアとデザインカーテンをとおして、「家族みんなが自然と笑顔になれる暮らし空間」を提供する

 

になります。

 

まずは、個人とビジネスの理念を分解することから始めます。

 

毎回、個人の理念で感じることですが、親の影響や先祖からの影響が子どもの頃は、強いということです。

大人になるにつれ、周りとの関係性などで、自分と他者との違いを感じ、何かしらアクションを起こすこともあります。

 

そして、自分の人生の棚卸をすることで、今からやろうとしていることや今の自分の環境が、自分で選んだことなんだと認識することができます。

 

「あー。だからかー」

 

という感じです。

 

また、自分自身が大事にしている価値観が明確になり、再認識することもできます。

 

「個人理念」が明確になったら、次に「ビジネス理念」の策定です。

 

ビジネス理念で大事なことは、「他者にどう役にたつか」ということです。

・誰の為に

・何を提供するか

・どんな社会になるのか

ということを、棚卸しながら明確にしていきます。

 

個人の理念がはっきりすると、ビジネス理念がより明確になります。

 

ここでのコツは、

・決まった理念を声に出して読む。

・読んでやる気が出るか。

ということが大事になります。

今、理念がある方はこの方法も試してみて下さいね。

 

【受講生からの感想】

・事業を始める前に、理念策定が必要だと感じたので受講しました

・理念の意義や自分の人生の棚卸などの初歩的な所から、詳しく説明を受け良かった。

・短時間で理念が明確に言語化できたことで、ペルソナが明確になった。

 

【講師からの感想】

受講時点では、事業内容は具体的には決まっていませんでしたが、授業を進めていくことで、だんだん気持ちも固まり、帰るころには表情も明るく、自信とこれからのわくわく感が溢れていたのが、印象的でした。

これからの新しい第一歩のお手伝いができて、私も嬉しいです。これからのご活躍を応援しています。

 

ご受講頂き、ありがとうございました。

 


セミナー
「お客さんもう来ないで!!と悲鳴を上げた!!行列待ちを作る「キャンペーン集客勉強会」
*限定10名様→【残り6席】
9月12日(木)10時~13時 場所 てぃるる
参加費 5400円(税込み)
詳細・申し込みはこちらからお願いします。

https://wp.me/pa3o7Q-1q1


家族経営・経営力について詳しくは、メルマガで書いています。

☟ ☟ ☟

https://jpb.or.jp/ashimine-minako/

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single