【JPBA梶原】 サロン経営:長期的なお客様の作り方

経営コラム

【コラム記事】
長期的なお客様の作り方
 
   
こんにちは
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)で、サロン収益改善講師をしております梶原 英一(かじはら・えいいち)です。
都内で整体サロンを経営し、これまで述べ4500人の施術を行ってきました。
このブログでは、年商1000万円を達成するサロン経営についてお話ししたいと思います。
最近、サロン経営する方からこのようなお悩みの相談を受けます。
 
「お客様が長く続かないんですよね、、、
リピーターが途切れない方法ってあるんですか?」
 
そう聞かれて、私には長いお付き合いになる
お客様が多いなぁと思い、
その理由を考えてみました。
 
そこで行き着いた答えは
 
【理念に立ち戻る】
 
ということでした。
 
ちなみに、私の施術の理念は
「チャレンジできる身体作りを心身共にサポートする」
というものです。
 
そこで実際、あった話をしますね。
 
私には、4年以上継続してくださっている
出張施術をさせて頂いているお客様がいらっしゃいます。
 
そのお客様は、当初は股関節の
痛みがあって施術をしていたんですが
その痛みが無事に改善された後もしばらく
リピートしてくださってました。
 
その時に、
自分の存在って?
と理念に立ち返った時に、
お客様にできることはなんだろうと考えたんです。
 
その結果
そう言えば
この方のチャレンジしたいことってなんだろう
と思ってふと聞いてみたんです。
 
そうしたら、即答してくださいまして
「私はもともと絵が好きで、
特にパステル画が好きで描きたいのよ。」
 
というお答えを頂きました。
さらに
「最近、描いたのは一輪の花だったんだけど
難しくて辞めちゃったのよ。
また描きたいお花があったら また描き始めたいわ。」
と笑顔でお答え頂きました。
 
それを聞いた私は帰りの電車で
【一輪】【花】【写真集】
と検索をして一輪の花の写真集を探して、
とても素敵な写真集が見つかったのでそれを郵送したんです。
次の施術の時に、「写真集はどうでしたか?」とお聞きすると
 
大切そうにその写真集を出してきてくれて、
興奮しながら
「素敵な写真集で 見てて飽きないわ~。
また描きたい意欲が湧いてきたわ」
とお話してくださいました。
 
その日の施術では、
今までお話しくださらなかった
身体の不調があることを話していただき、
新たに施術を提供することができました。
 
まとめると
私は顕在化している問題を解決するために施術をしていたわけではなくて、
 
その人がチャレンジしたいということを
サポートするという関わり方をすることで
潜在的をお悩みをを聞き 
結果的に長期的におつきあいさせて頂けるようになっています。
これは事業の理念を言葉にしている効能であるといえます。
 
つまり、長期的なお客様をつくるのに
事業の理念があるということは非常に
重要といえるとおもいます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
JPBA講師
梶原 英一 / Eiichi Kajihara
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
追伸1:サロン経営セミナー情報

12/13(日)https://everevo.com/event/57449
12/23(水)https://everevo.com/event/57451
 
【個人Facebook】
https://www.facebook.com/eiichi.kajihara.7

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single