どんな仕事も生き残れる「習慣」

・安次嶺 実奈子 経営コラム

JPBAパーソナルビジネス経営コーチの安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

 

「俯瞰して見ることができると、どんな仕事も生き残れる」

 

会社のビジョンや事業計画を考える時に、自分のこととして考えると、現状から考えてしまったり、過去からのデータで考えてしまうことはありませんか?

そんな時は、自分のことも会社のことも俯瞰して見ることで、新しいアイディアや戦略が立てやすくなりますね。

そして、今の現状が正しいのか軌道修正した方がいいのか、という判断も早くなります。

 

急に、俯瞰して物事を見ることは、出来ているようで出来ていないこともあります。

普段から、俯瞰して見る癖をつけると、ビジネスにも役に立ちます。

ぜひ、習慣にしてみて下さい。

 


未来から逆算して、目的達成をする「経営力」についてメルマガで、発信しています。

登録がまだの方は、ぜひこちらからお待ちしております。

「経営力で解決」

5か月で5倍売り上げた ママ社長流!7日間メール講座

https://jpb.or.jp/ashimine-minako/

*無料zoomコンサルプレゼントしてます。

 

 

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single