やらないことを決める習慣

・安次嶺 実奈子 経営コラム

JPBAパーソナルビジネスアドバイザーの安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

 

習慣を身に付けるということ。

よく聞くのは、3か月続けることで習慣化されるということを聞きます。

 

ビジネスをする中で、様々な習慣が必要となると思います。

 

「習慣って大事だと思うけど、3日坊主で終わってしまう。」

 

それは、決断できていないか時間的に無理なことなのか、

理想でやろうと思ってないかのどちらかが多いと思います。

 

経営でも仕組み化をすることをお勧めしていますが、

習慣にしたいことを、一日や週、月でスケジュールにしてしまえば、習慣になります。

 

そして、やることが多いと思う方は、

 

やらないことをきめること

 

から始めるといいです。

 

やり方としては、

①今抱えていることを、紙に書き出します。

②自分でやらないといけないことなのか、他の誰かにお願いしてもいいことなのか。ということを決めます。

③期限を決めます。

④スケジュールにあてはめます。

⑤一日の終わりに、振り返りをして確認する。

という感じです。

私の場合は、毎日やる朝の家の掃除はルーティーン化して、Googleカレンダーに「ゴール」という機能を使って管理しています。

 

これは、経営でも家庭でも使えますので、ぜひ習慣化すると良いと思います。

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single