値段が高くても売れてしまう「価値が伝わる商品名のつけ方」

安次嶺 実奈子 JPBA経営者コラム

JPBAパーソナルビジネス経営コーチ
安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

起業初期に多い、能力はあるのに
「自分に自信が持てない」という理由で
ご自身の価値を安く感じてしまう時期から
抜け出すために
某上場会社に3年目で
勤務されている25歳女性の方
の事例を元にお伝えしています。

昨日までの記事でお伝えした内容はこちらです。

①起業しようと思った理由を明確にする。
https://note.com/minakobijines/n/n0a7bd308ecaa

②お客さんから「何屋さんか」が一瞬で
わかるようブランディングをする。
https://note.com/minakobijines/n/n82963cc0bf93

③自分の強みを生かした
「商品設計」を行うこと。
https://note.com/minakobijines/n/n3b4125ccd998

「商品タイトル」「価格の決め方」
についてお伝えします。

多くの方は、商品内容から決めていこうとしますが
内容が固まってからでは、お客さんに提供するまでに
とても時間がかかってしまう場合がほとんどです。

待っているお客さんがいるのに
それは販売機会を逃しているので
もったいないことです。

どうして、商品内容は後からでもいいかというと
お客さんにとって魅力的な商品タイトルであれば
買いたい!と思うからです。

ポイントは、お客さんが
「私の想像している未来を叶えられそう!」

と思えるタイトルを付けることです。

————————–
例えば、
1年後には、10Kg痩せたいと思っている女性が
あるトレーナーと知り合って
ダイエットの相談を軽くしました。

そのトレーナーは、お客さんの未来の姿を聞き
お客さんにあった
「一生リバウンドしない」ダイエット
スペシャルパーソナルトレーニングが
あることを提案しました。

また、6ヶ月間で一生リバウンド
しない身体を手に入れること
ができます。
実績は、2年間で10Kg以上ダイエットに
成功した方が33名。
8割の方が成功しているメソッドです。

価格は、298,000円

提案された彼女は、購入することを決めました。
——————————–

いかがでしょう。

今回の例であげたお客さんは
今度こそ、自分の未来が変わる
ことができる!と思えたので購入しました。

このように、お客さんが商品を通して未来を
変えることができそうと思える商品タイトル
をつけることはとても重要です。

ぜひ、商品を今から作られる方は
ご自身の商品がお客さんの
心を動かす商品タイトル
になっているのかを
確かめてみてくださいね。

次に、「価格の決め方」です。
商品を付ける時にやはり、質問が多いのは
価格の付け方になります。

自分の商品に対して、いくらがだとうなのか・・・

迷いますよね。
答えは、お客さんが決めることなので
正解の価格は、私たちから
お答えできないのが現状です。

価格の決め方のポイントをお伝えしておきます。
・安いからと言って必ず購入してもらえるわけではない。
*価格が高い商品の方が売れる場合があります。

例えば、高級車のベンツ
5万円と500万円のベンツだとどちらを購入しますか?
いくら同じ商品だと言われても、5万円は怖くて購入できませんよね。

という感じで、安いからといって売れるわけではないということです。
お客さんの価値観で価格が決められているということです。

ですので、お客さんの満足がいく商品を
満足いく価格で作るのが理想です。

長くなりましたので、
次回は売上にも直結する「決済方法」と「セールス方法」
についてお伝えします。

次回イベントのご案内

【トークイベント開催】
2022年4月24日(日)15:00~

【ジュンク堂那覇店トークイベント】
安次嶺実奈子「90日パーフェクト起業ワークブック」
発売記念トークイベント

 

イベント詳細はこちら

 

最新の経営・起業セミナー

 

 

関連記事

single