問い合わせが増えるシンプルなこと。

・安次嶺 実奈子 経営コラム

JPBAパーソナルビジネス経営コーチ 安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

私が実際に経験した話です。

検定に申し込みをしようと思って、受験校を検索したのですが、

電話をしたいのに、電話番号がない。

住所を調べてたいのに、住所が見当たらない。

検定の試験料金や日程をしりたいのに、記載がない。

「んー!!!どうしたらいいんだー!!」

と、ホームページの中を探しまくって5分くらい・・・。

電話番号をみつけたので、すぐ電話して内容確認をしました。

これは、お客様にとって親切ではないですよね。

 

ホームページ内には、

・我が社の強みは・・・

・客層

・日曜日もあいてます

・沖縄県内唯一

など。様々な情報が書かれていました。

 

みなさんは、一番シンプルに問い合わせに繋がるには、どうしたらいいと思いますか?

もちろん、ページの分かりやすい所に

お問合せ先を記載することです!!

住所

電話番号

営業時間

メールアドレスなど

 

これがないと、問い合わせができません!!

 

一番シンプルだけど、見落としがちなのかもしれませんが、ぜひご自分のHPやブログなどがある方は、携帯、パソコンでの表示がどうなってるか、確認してみるといいですね。

一生使える「経営力」についてのメルマガはこちらです。

「経営力で解決」

5か月で5倍売り上げた ママ社長流!7日間メール講座

https://jpb.or.jp/ashimine-minako/

*無料zoomコンサルプレゼントしてます。

 

 

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single