私が思う2代目社長。

・安次嶺 実奈子 経営コラム

JPBAパーソナルビジネスアドバイザーの安次嶺 実奈子です。

 

最近、2代目社長の方とお会いすることが多いです。

私も2代目です。

 

共通しているのは、

□身内だから、自分が一番頑張らないといけない

□親から認められたい

□幼いころから、会社を継ぐように言われて育った

□長く働いている社員に、なめられる。

□話を聞いてくれない、相手にされない

□世間知らずのボンボン又はお嬢さんと言われる

 

私も、会社に入社した時は社員からは、社長の娘さん、まだ子ども、

いつの間にこんない大きくなって・・・

という感じで見られていたので、私の意見は一つも通りませんでした。

 

社員だけではなく、親からも子どもに対する接し方なので、意見を言おうものなら

「いつの間にこんなに、生意気になったのかね・・・・」

といわれてしまう次第。

*当時は30歳くらいだったと思います。結構な大人です(笑)

 

あの頃を思い出すと、笑えます。

 

でも、本当に一生懸命でした。

会社がもっとよくなればいいなという純粋な気持ちで、改善案とか意見を出していたのに、

却下されるという悔しい想いも沢山しました。

 

私の場合は、創業者の父が病気で亡くなったので、母が後を継ぎました。

それも、大変でした。

まぁ。そのことを書くと終わらなくなりそうなので、また別記事で書きますね。

 

 

何を言いたいかというと、2代目として会社を継ぐ方は、

基本的に一生懸命で親や社員の為に、一生懸命働きすぎるということ。

 

本当に、良い方達ばかり。

でも、2代目として前に立とうとすると、前からいる社員や親が口出ししてくる。

 

そうなると、自分が思うようにできなくて。

 

辛い。

苦しい。

なんの為に仕事をしているのだろう・・・

と思ってしまう。

 

口を出す割には、適格な経営アドバイスはない・・・

という感じは多くないですか?

 

時代は流れて、先代が起業したころとは違っていたりするので、

同じ経営方針だと失敗する可能性もありますよね。

 

2代目の方は、今の時代に合わせて仕事をするべきだし、

経営を学ぶ場所を選んでほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single