起業準備の始めの一歩~起業するための、具体的な3つの方法~

安次嶺 実奈子 JPBA経営者コラム

JPBAパーソナルビジネス経営コーチ
安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

今日は、

これから起業をしたいと
考えている方から
起業する前に
何から始めたらいいですか?

と質問を受けましたので
そのことについてお伝えします。

私が経営コーチとして活動している
「起業・経営の教習所」JPBAでは
正しい起業準備の方法も
お伝えしています。

以前、詳しく解説しているので
参考にして頂けたらと思います。
↓  ↓  ↓
会社員のうちにできる!
正しい起業準備 4ステップ~1ステップ~
https://note.com/minakobijines/n/nf1748cc78a7b

起業を始めるのには、
3つの選択肢があります。

①開業資金、生活費の準備をしてから
起業をスタートする

②開業資金を借りる(金融公庫などから)

③後先考えずに、とりあえずスタートする。

だいたいの方は、この3つのパターンに
あてはまることが多いです。

ちなみに、私の場合は急に会社を引き継ぐことに
なったので③と同様な状況でした。

—–
①開業資金、生活費の準備をしてから
起業をスタートする
—-

開業資金を貯めるとなると、いったいいくら必要なのか?

・100万円?
・1,000万円?
・まったく検討がつかない

そんな方もいらっしゃるでしょう。
実際に、現代では開業資金がゼロの状態でも
やろうと思えば、起業できてしまいます。

・どんな商品を取り扱うか
・ビジネスの規模を大きくする予定なのか

によって、準備資金は変わってきます。

また、起業すると
会社員時代と違い、毎月安定した収入を
得られる可能性が低いため、事前に資金を
用意しておくと安心です。

運転資金として毎月使う費用の6か月分を
目安に用意できると良いでしょう。

例えば生活費が月200,000円なら
最低でも起業資金として1,200,000円を確保しましょう。

貯金があれば理想ですが、足りない分は親族から借りる
副業やアルバイトで資金を増やすことも必要かもしれませんね。

また、クレジットカードの新規契約、
引っ越しなどは収入が決まっていない
個人事業主では信用的に審査が
下りないことあります。

クレジットカードは会社員時代で数枚、
作っておくことをお勧めします。

引っ越しなどは自分が保証人になる場合
もありますので、起業前に新居を契約するようにしましょう。

—-
②開業資金を借りる
—–
事業計画書を作成し、
ビジネスの将来性を
プレゼンする必要がありますが、

今は、起業初期の方でも
金融公庫などから無担保無保証人制度の
融資もあります。

また、補助金などもありますので
調べてみて該当されるのがあれば
そういう制度を使うこともおススメです。

—-
③後先考えずに、とりあえずスタートする。
—-
このことについては、私自身もそうですが
同じような状況で起業された方を
沢山見てきましたが、
あまりおすすめできません。

それは、分からない状態始めるということは
とてもリスクが高いからです。

起業を考えているのであれば

・売上を上げる知識
・売上を作る知識

を付けた状態で起業することがベストです。

そのためには、経営の知識を先に学ぶ必要があります。

ぜひ、正しい知識を身に付けた上で
起業をスタートされて下さいね。

では、今日はここまで!

次回イベントのご案内

【オンラインセミナー開催】
限定20名様/2022年3月16日(水)

「90日パーフェクト・起業ワークブック」

出版記念講演会

イベント詳細はこちら

 

最新の経営・起業セミナー

 

 

関連記事

single