起業直後の「価格設定」の基本!お客様を逃がさない「商品単価の上げ方」は?

安次嶺 実奈子 JPBA経営者コラム

JPBAパーソナルビジネス経営コーチ
安次嶺 実奈子(あしみね みなこ)です。

前回、私が経営コーチとして
活動している「起業・経営の教習所」
JPBAでも、

起業直後の方から良く受ける
相談内容の事例を
元にお伝えしています。

起業1年目の方から受けた相談を
要約して説明すると

———–

自分で稼ぐ力を付けたくて
起業したが、思った以上に
売上が上がらない。

また、自分ができることを
商品にしたのだけど、

労働時間に比べて売上にならない。

他の商品を作った方がいいのか?
と悩んでいる。

———相談はここまで

以上の相談内容を聞いて
「3つの問題」について
一つづつ解説しています。

①起業した理由が、明確ではない。
【参考ブログ】
自分の力で稼げるようになりたい!
そんな理由で起業してはダメですか?
https://note.com/minakobijines/n/nf100b4095586

②ペルソナが決まっていない
【参考ブログ】
月収100万円を達成した
「起業直後の集客」
最初のステップはここから!
https://note.com/minakobijines/n/n296340a28f3d

③商品設計の問題
 
今日は、③を解説します。

————————-
③商品設計の問題
————————-

実際に商品設計をする上で
抑えておきたいポイントから
お伝えしますね。

商品設計の「ゴール」から
先に抑えましょう。

【商品設計のゴール】

・売上が上がる
・売れば売るほど利益が出る(儲かる)
・顧客満足と理念が達成できる

これらが重要になります。

また、「自分が売りたい商品」という
目線だけではなく、お客様が

——
「お金を払ってでも買いたい商品」
——-

を作ることも必要です。

起業直後に知って
おいた方が良い
商品の作り方については

以前ブログで
解説しておりますので
ご覧ください。

起業直後の収入を確保するための
「売るべき商品」「売ってはいけない商品」
https://note.com/minakobijines/n/n7cecf44195c9

商品ラインナップの
全体像としては

起業直後で最も多い
ビジネスのパターンである

CtoC(個人対個人)の場合、
大きく分けて

・フロント商品(単発・数千円~3万円前後)
・バックエンド商品(単発・10万円以上)
・継続商品(3千円〜3万円・毎月)

とあります。

ビジネスをする上で
商品価格(単価)は
「売上・収入」に直結します。

価格設定で失敗すると

・売れない
・売れたら忙しくなって赤字になる
・商品の「価値」より「安い価格」ばかり求める
 お客様ばかり抱えてしまう

など

どんなに頑張っても
うまくいかないビジネスに
なってしまいます。

特に起業初期で多い
「安い商品」だけを販売し続けると

労働時間だけが増えて疲れ果て、
さらに「赤字」になることもあります。

では、赤字にならないためには
どうしたらいいのでしょうか?

——–
商品の「価値」を高めて
高利益商品を販売することです。
——-

商品の価値を高める方法には

・販売数が少ない
・ 審査などがあり、誰でも買えない
・この人(このお店)からしか買えない
・ ブランドがある(知名度、認知度、歴史、実績)
・ 今までたくさんの顧客が購入し、
 予約がいっぱい。ファンがいる。
・ 材料費、原価が高い
 (スキル習得のために投資した時間や学習費用も含む)
・ 商品力が高い
 (実際に役に立つ。効果が高い)
・ 有名人・著名人が推薦している
・ 顧客の声、アンケートなどの満足度が高く、
 信憑性がある。
・ 価格が高い

などが挙げられます。

同じ商品が世の中には
沢山ありますが、

他社より付加価値が
あることで、

商品単価が高くても
「買いたい」と言って下さる
お客様が来てくださいます。

注意して頂きたいのは

高単価商品は

「値上げ」

とは違います。

同じ商品内容を、
「価格だけ上げる」ことをすると

お客様から見たら

「値上げ」しただけだから
買いづらい、他社にしようかな?

と思われるだけで、お客様が
離れて行ってしまう可能性が
ありますので、

既存の商品の価格を
上げたい場合は、

内容を更に充実させるなど
見直しをされてから
販売価格を変更されて
くださいね。

次回イベントのご案内

2月のセミナーは企画中です。

 

最新の経営・起業セミナー

 

 

関連記事

single