継続商品を先に売ってはいけない理由

・所司 憲和 経営コラム

JPBA認定講師の
商品設計&セールスアドバイザー
所司憲和(しょじのりかず)です。
 
オンラインサロンや
会員制ビジネスなどの
継続商品が
注目されるようになってきました。
 
昔から、ルート営業(御用聞き)や
郵便局のふるさと便、定期購入など
いろいろと継続するための商品がたくさんあります。
 
ここまで注目されてきてる理由は
商品が売れなくなってきるのが
一つの要因として考えられます。
 
継続商品メリット
・安定的収入が得られる
・新規顧客獲得のサービスを減らすことができる
・コミュニティー構築がしやすい
 
しかし、ここで注意です。
 
継続商品をいきなり売ろうとする人がいます。
利益商品を売って、ファンになってから
販売するというのが鉄則です。
売ってはいけない理由は
ビジネスが成り立ちづらいからです。
 
現実売ってる人たちいますよね?
はい。います!
ブランド力のある企業、芸能人や有名人など
たくさんの人に知ってもらっている人たちです。
 
 
例えば100万円を稼がなければいけないとなったとして
そこまで知名度が少なく、友人も少ない
それでもお客さんの悩みを必ず解決できる人。
①1,00人に1万円の商品を売って
=100万円です。
②10人に1万円の商品を売って
=100万円です。
②のほうが楽な気がしませんか?
ブランド力のある人や有名人、芸能人は
そこに信用力があり、多くの人に認知させることができるから
①を選択してもビジネスが成り立ちます。
 
 
そもそも考えてほしいのは
一人に対して
1万円のものを売るのと10万円のものを売る時
やるべきことは対して変わりません。
 
 
 
ただ、100人に会うのと10人に会うのでは
労力は変わりますよね!
個人でビジネスをしている方におすすめなのは②です。
 
 
だからこそ、継続商品を売る場合
高単価商品をちゃんと収益ができ
ビジネスが運営できている状態になった時に
売るべきなのです。
 
 
ぜひ、その点を踏まえて
商品設計してみて下さい。
 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single