コーチ、コンサル、カウンセラーの人は動画をとった方がいい理由

・所司 憲和 経営コラム

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチ
所司憲和(しょじのりかず)です。

 

JPBAでは動画を本講座・セミナー撮影して
受講生のみなさんの復習・予習に
役立てるようにしています。

 

この動画を使いながら進めるやり方は
コーチ、コンサル、カウンセラーの方々などの
無形商品で、人にノウハウや知識をお伝えする方々に
おすすめです。

 
そのメリットについて
本日はお伝えさせていただきます。
 

動画コンテンツ【メリット1】

講師のアポを取らなくても何度でも学べる。

コーチ、コンサル、カウンセラーの場合、
アポを取らないといけませんが
本当にわからない時に聞けばいいから、
お客さんの負担が減ります。

また、講師側も同じことを説明しなくて済むようになり、
お客さんの次の展開など考えることが時間ができます。

 

動画コンテンツ【メリット2】

コンテンツが増えることでお客さんの満足度が上がる

コーチ、コンサル、カウンセラーなど、
無形サービス場合、
カタチになるものが教材やテキストですが

動画がある場合、過去の動画もみれるようになっていると
蓄積していくことが目でわかるので
お客さんの満足度があがります。

 

動画コンテンツ【メリット3】

受講生の方の信頼度が生まれる。

講師側はなにもしてなくても、
動画で受講生が見てくれるので

単純接触数が増え、
受講生側に自然と信頼をしてくれるようになります。

実際、広島で受講している方で
会ってから1ヶ月ぐらい空いても

受講生の方が
「動画で毎日見てるので、久しぶりな気がしない」
という声もいただきました。

 
 
 

というように動画コンテンツを作っておくことで
いろいろなメリットがあります。

特に、お客さんの信頼構築にはとてもいいツールです。

 

まだ、動画をとっていない方は

一度やってみてください。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single