フロント商品は売れるけど、バックエンド商品が売れない理由

・所司 憲和 経営コラム

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチ
所司憲和(しょじのりかず)です。
 
フロント商品は売れるけど
バックエンド商品が売れない・・・
という声を聞くのでこのことについて
お伝えしようかと思います。
以前、

満足で終わった「LINE@使い方講座」がなぜ失敗だったのか?

という記事でフロント商品の実例をお伝えさせていただきました。
満足で終わらせるのではなく
もっとほしいと思わせることが大事だと
この事についてもう少し詳しくお伝えしようと思います。
 
まず、フロント商品とは
「集客商品」と言われてます。
ただこれは、売り手側からの言い方です。
お客さんにとっては、集客されてるつもりはありません。
「ほしい」と思っているから買いに来てるだけなので。
じゃあ、お客さんにとってフロント商品というものは
なんのなのか?
これが大事になってきます。
 
お客さんにとっては、あなたを知る「お試し商品」です。
「試してみたい」
「よさそう」
と思ってもらうことがフロント商品が売れる理由です。
 
次にで、バックエンド商品ですが
バックエンド商品とは
売り手側からすると「利益商品」です。
ここで収益をとると考えることが
重要になってきます。
そして、お客さんからすると
「本命商品」です。
つまり、フロント商品で良さそうと思ったから
もっと完璧なものがほしいと思ってバックエンド商品が
売れるのです。
 
もっと完璧なものがほしい
つまり、お客さんの未来をフロント商品で描けているか
どうかに関わってきます。
これができていなかったので
僕が主催者した「LINE@使い方講座」は失敗に終わりました。
 
なので、フロント商品からバックエンド商品が売れてない時は
未来が描けていない可能性がありますので
一度、見直してしてみてください。
 
おさらいしておくと

フロント商品

売り手視点:集客商品
お客さん側視点:お試し商品
 

バックエンド商品

売り手視点:利益商品
お客さん側視点:本命商品
 
フロント商品からバックエンド商品が売れるためには
「フロント商品で未来を描かせること」
 
 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single