行動できないと思ってたら、料金表をつくる

・所司 憲和 経営コラム

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。
 

「自分のウリがわからないから
なかなか商品設計は進まない」
という相談を最近されました。

 

過去のJPBAの受講生でも
そういう方はいました。

 

気持ちはわかります。

 

僕もそうのようなことはありました。
というか、痛いほどわかります。

 

なので、商品設計ができない人のために

一番のおすすめは
商品の詳細はほっといて
料金表だけを作ってしまうことです。
 
もちろん、理想的な進め方は

①理念

②商品

③セールススクリプト

作っていくことが一番ですが

 
それでも行動ができてないのであれば
 
「えいや!」とお客さんにあってみて
「このような事をやってみようと思いますが」
「どうでしょうか?」って聞いてみることです。

そのための料金表です。

 

それで、この値段をみてお客さんが
どのような反応するのか?

興味が実際あるのか?

それもと高いのか?

どんな意見があるの?

確認してみることです。

意外と料金表だけで

売れたりすることもあります。

 
 

実際、僕はそれだけで売れたこともあります。

答えはお客さんの中にあります。
 
 

悩んだりしたら、直接あって

「お客さんに聞いてみてください」

それが一番の商品設計の近道だったりするかもしれません。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single