【JPBA所司】30万円の商品を売れる「主語」とは?

・所司 憲和 経営コラム

こんばんは!

インスタグラムからリピート客を増やす
『サロンオーナーのための経営術』
JPBAパーソナルビジネス経営コーチの
所司(しょじ)です。
フロント商品から
バックエンド商品を作って
そのバックエンド商品が売れない
という相談は多くあります。
 
フロント商品が5,000円で
バックエンド商品が30万円とか
落差が多いのが要因だと思いますが

「じゃあ、もうちょっと安くしたらいいじゃない」
という思うかもしれまんが。

 
そもそも値段が要因ではなく
この要因は、ご自身にあることが多いです。

今日はそこを踏まえてお伝えできればと思います。

 

売る価格には「お金のブロック」が存在する

 
僕の場合だと
Web製作・Webコンサルという商品を売ってた時は
1万円~
10万円~
30万円~
100万円~
という壁があり
(これは個人差があります)
その中で
30万円のブロックが一番大ききかったです。
 
どんなにセールススクリプトを用意しても
メニュー表を用意しても
これを超えるのは結構大変でした。
 
しかし、超えてしまえば
あとは、
50万円、70万円だろうが
100万円までは
関係なく売れるようになりました。
 
この30万円のブロックを
超えれるようになったのは
 
「あること」を変えたことで
売れるようになりました。
コンサルやっていても
同様に同じような感じで
受講生がこの壁で止まります!
 
越えられない要因はマインドが
自分に向いてるからです。
「高いかもしれない」
と思ってしまってるという事は
売る人自身が
商品にそれだけどの価値を感じてないからです。

この場合は、商品設計から見直す必要があります!
 
次に考えないといけない事は
お客さんにとって必要かどうかと
売る人が思ってなければ売れません。
つまり、お客さんにとって
投資商品なのか消費商品なのか?
と考えた時
投資商品だと思えてるかどうかになります。
自分は価値を感じたけど、
お客さんにとっては消費商品だと思ってたら
売れません。
これも大丈夫だという所で
セールスで確認することができるのが〈主語〉です。
 
「自分ならこうした方がいいと思います。」
「自分ならそんなことをしません。」
「(自分が)おすすめする商品は」
会話が売る側のことを言われれば
お客さんはすぐに気が付きます。
 
それは
「この人、私のことを考えてくれてない」
それが売りつけられてるという印象に変わっていきますし
売ってるあなたが本当にお客さんのことを
考えて売ってないという証拠にもなります。
 
セールス中は
主語は「お客さん」でなければなりません。
 

お金のブロックを超える方法

「自分ならこうした方がいいと思います」
のではなく
「お客さんのためにこうした方がいいと思います」
という様に
「自分」から「お客さん」に〈主語〉を変えることが
「お金のブロック」を超えていく一歩になります。
たったこれだけのことですが
効果は抜群です。
もし、バックエンド商品が売れないという人は
ぜひ、やってみてください。
[su_divider top=”yes” text=”” style=”default” divider_color=”#999999″ link_color=”#999999″ size=”3″ margin=”15″ class=””]
[su_label type=”default” class=””]お知らせ[/su_label]
所司憲和の「メルマガ」はコチラから
営業の質問も直接聞くことができます。
シークレットのお茶会やランチ会、セミナーなどもご案内いたします。
→ https://jpb.or.jp/shoji-norikazu
【サロンオーナーのための経営術】
① 営業の定義
→ https://wp.me/pa3o7Q-237
② 売るために必要な信頼
→ https://wp.me/pa3o7Q-24h
③ 未来を創造する顧客心理とセールス手順
→ https://wp.me/pa3o7Q-24j
④ 期待がクロージングにつながる
→ https://wp.me/pa3o7Q-24p

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single