価格の付け方は時給から逆算する

・所司 憲和 経営コラム

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。

 
「値段の付け方がわからない」
この悩みは、僕自信がビジネスを始めたときも
ありましたし
お客さんからも聞かれることがあります。
 
それがオリジナル商品だと
基準がないぶん
値段はなおつけづらいところがあります。
 
オリジナル商品なんだから
自分がほしい価格にすれば
いいといえばいいのですが
それでも実績がないときは
いろいろ考えてしまいすよね?
 
そこでJPBA受講生やお客さんには
ご自身の時給で
判断すると商品価格が安いのか?
一度、考えてもらってます。
 
例えば、2時間のセッションだとして
価格が1,000円だったら、
時給は500円ということになります。
 
だったら、生活するために
バイトしたほうがいいですよね?
 
つまり、値段設定が
間違ってるということです。
 
そして、ここで
商品価格の内訳は
原価+利益が基本です。
 
この原価の中に
まずご自身の時給が入ってるかどうか
確認してみてください。
 
そして、商品価格=時給で計算される方がいますが
もし、ご自身が体調崩して
代役を立てても利益が上がるように考える必要があります。
 
それがずっと続いた場合
ビジネスとしては継続できません。
 
なので、原価と利益の計算は
必要なってきます。
 
そのことを踏まえた上で
商品設計考えてみていただけると
ビジネスが円滑に進むかと思います。
 
商品設計についてもっと勉強したいという方は
メルマガにてお伝えしてますので
ぜひ、読んでみてください。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single