お金のブロックで商品の値段が言えない

・所司 憲和 経営コラム

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。

僕が起業当時や
マインドが下がってる中で
セールスの時に
お客さんに値段が言えないって事がありました。
そして、これは受講生もいれば
そういうお悩み相談もよく受けます。
これを変えるのは
〇〇の手段があります。
ってお伝えしたかったですが
これだけは
ご自身のあり方
つまり、「心の持ちよう」としか言えません。
じゃあ、どう自分を変えればいいのか?
という話になりますが
「お客さんのためになるのか?」
ということだけです。
どんなにいい商品で
効果抜群で
周りの評判がよくても
お客さんにとって必要なものなのか?
売る人がわかっていることが
大事になってきます。
だから、売る時に
売る人に対して
この人に自分の商品は必要か?
今一度、ご自身で問いてみることです。
必要なければ
売らなかればいいし。
必要だと思ったらなら
お客さんに提示するべきです。
ぜひ、その点を踏まえた上で
お客さんに商品の値段を提示してみて下さい。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single