クロージングの時にあえて「無言」をつくる

・所司 憲和

JPBA認定講師の

商品設計&セールスコーチ

所司憲和(しょじのりかず)です。

 
 
お客さんにヒアリングをして
商品の話もして
お客さんの反応も悪くないのに
なぜか、売れないなんて時ありませんか?
 
このお話は、
JPBAの受講生、
法人契約したお客さん
から聞きましたし、
 
僕自身も経験があります。
 
じゃあ、どうすればいいのか?
 
一度、試していただきたいのが
商品の説明が終わり
クロージングする際
無言を作ってますか?
 
 
作ってないのであれば
 
お客さんに「どうしますか?」

って聞いた後に
無言を作ってみて下さい。
 
「え?なんで?」
「しゃべってないと不安」
と思うかもしれませんが
 
クロージング後のこの
無言タイムこそが重要です!
 
お客さんにとっては
頭の中で「買うかどうか」検討する時間になります。
 
なので、この時間を作ってないことで
お客さんが考えることができず
お客さんが買うまで至らないのです。
 
僕の場合、2割近く
契約率がこれであがりました。
 
なので、一度やってみてください。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single