売れなかった時に注意するコト

・所司 憲和

JPBA認定講師の
商品設計&セールスコーチの
所司憲和(しょじのりかず)です。
セールストークが終わって
お客さんから受注をいただけなかった。
でも、ふり返ったけど
「結局、何がいけなかったのか?」
なんてことありますか?
こういう時は注意しないといけません。
売れないのに改善がないなんてことはありません。
僕がやっている対処法をお伝えさせていただきます

①チェック表を用意しておくことです。

問診票みたいなものでもいいです。
お客さんも真剣に取り組んでくれていると
思ってくれるので印象がよくなります。
・手順を聞けているか?
・お客さんに問題提議できなかったのか?
・今しかないオファーをしなかったのか?
・お客さんを不安にさせすぎていないか?
などの簡単な項目ですが
これを用意するとしないとでは
結果が違ってきます。

②録音して、セールスの得意な人に聞いてみることです。

これが一番効果が高いですが
もちろん耳が痛いと思います。
そして、確実に自分の成長につながります。
自分にあってるやり方でいいと思いますが、いろいろ実践してこの2つが効果的だったので、ご紹介させていただきました。
 
セールスは運動と一緒です。
やらなくなると感覚は鈍っていきます。
もし売れず改善点が見つからなかったら、一度試してみてください。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single