技術や知識は、タダで教えるのはどこまで?

・所司 憲和

商品設計&セールスアドバイザーの所司です。
営業の時、
相手からいろいろ質問されると
どうしても助言することになりますよね。
 
専門家として相手に認識されていればなおさら。
 
僕の場合、Web制作、Webコンサル事業をやっていたので
Web周りについてよく質問されました。
 
なんならLINEのアップデートの方法について
聞かれたこともあります。
 
そんな時、いろいろ教えてしまいがちですが
無形サービスの仕事をしてるとどうしても
 
境界線が曖昧なので
ノウハウも商品なはずなのに
 
ついつい、無料で提供してしまいがち
なんてことありませんか?
 
僕はよくありました(笑)
 
そして、いろいろ教えたことによって
お客さんにもならず結局、自分の情報持っていって終わる
みたいなことがありました。
 
じゃあ、どうすればいいのか?
 
教えてるのではなく、判断することを心がけることです。
「ココが悪いですね!」
つまり、お医者さんみたな立場をとることが
自分のお客さんになってもらえる人を増やすのです。
 
 
なので、具体的なステップとして
①状況把握する
②問題を判断する
③問題解決するためのサービスを提示する
 
こうするとお客さんになってくれる確率が一段と高くなります。
ぜひ、やってみてください。
 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single