絞る事が「これ以外も出来る?」と言われる伏線

・所司 憲和 経営コラム

JPBA認定講師の
商品設計&セールスアドバイザー
所司憲和(しょじのりかず)です。

 

「お客さんを絞って下さい」

 

と言われてもどうもしっくりこなかったですけど、

所司さんにあって、はじめて意味がわかりました。

 

という感想をいただきました。

嬉しい感想ですが

ぼくもそもそもはできませんでした。

 

それどころか絞った後、

この効果が本当なのか?

この絞るを体感できたのは?

Web制作事業を開始しようと思った時です。

 
 

お金もない

実績もない

人脈もない

そんな時に、知り合ったのが

社員のツテでお知り合いになった

エステサロンのオーナーさんでした。

 

その時やったのは、

オーナーさんに気に行ってもらうための

エステサロン向けに制作しました。

 
 

そして、いろいろやっていく上で

いろいろなは業種に合わせて作るのは

制作上難しいこともあり

だったら、

エステサロン向けに作ることにしました。

 

そして、だった価値もあげるために

もっと写真もデザイン性もアップしようと

Webページの品質を上げていきました。

 
 

そうなるとどうなったのか?

 
 

エステサロン以外の業種の方から

「これ以外もできるの?」

という言葉でした。

 
 

結果として、エステサロン以外の受注も

もらうようになりました。

 
 

必要なのは、

絞るというより

その人専用のものを作り上げることです。

 
 

その商品が完璧にお客さん専用になっていたら

「その人以外のも(わたしのも)できる」

とほしくなるのです。

 
 

一度、絞る時、

一番あなたのお客さんになってくれたらいいなって思う人の

専用商品を作ってみるといいかもですね。

 
 

商品の作り方については

メルマガでお伝えしているので

もしご興味のある方は、
https://jpb.or.jp/7days_productmail/

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

single