勝つ企業の条件

【勝つ企業の条件】

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

経営者が知りたい「勝てる企業の条件」について話そうと思います。
これは、日本人で唯一アメリカで長年投資ファンドをやっている
大竹慎一さんの言葉です。
 

<勝つ企業の条件>

1.売りが強い

2.他人がやらないことをやる

3.M&Aがうまい
(企業の合併・買収)

4.マーケットを作れる

5,アメリカで強い

6.社長が戦略と計数に強い

7.CROAが高い
(総資産キャッシュフロー率)

8.損切りができる

そのほかにも「経営者がこれから考えるべきこと」として、
・大きな流れを見る
・ミッション(理念)を持つ
・会社をチェックする仕組み
などありました。
 
図では、この中で私が特に力を入れてやっている
場所に「★マーク」を付けてみました!
 
★売りを作る
★他人がやらないことをやる企業・経営者のサポート
★新しいマーケットを作る時の信頼づくり。商品づくり。
顧客接点からの販売設計づくり。広告・PRなどの集客。
そしてブランディング。
 
になります。

なので、残念ながら「未来を見ている企業様」にしか
強みを発揮できません。
  
ここで、大きな分かれ道に突き当たります。
 
「単なる企画で終わるか」
「ちゃんとゴールへ行けるか」
 
その大きな能力の差が【経営力】となります。
もちろん、自分が出来ないと人に教える事はできません。
また、自分が出来たとしても人に教えられないと、
大きな波風が来たときに一気にツブされてしまいます。
 
長期戦略として、経営力は必要です。

では質問です。
経営が・・・「わかる → 出来る → 教える」
自己判定でどこまで出来ていますか?
 
どんな経営者も「教える」のは
一番難しいとおっしゃっています。

JPBAでは、
「部下に経営を教えてもらいたい」
という経営者からのご相談もあります。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料で受け取る>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。一般社団法人S-BRAIN脳活用普及協会 理事。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人の経営者の相談を伺い、多くの経営者は「人・組織」と「経営」の2つの課題があることに気づく。その後、脳外科医の篠浦先生に師事を仰ぎ「一般社団法人 S-BRAIN脳活用普及協会」の理事として、脳から見た人間の成長や健康に携わり、当協会代表理事のである親川先生に師事を仰ぎ「一般社団法人 日本パーソナルビジネス協会(JPBA)」の理事として、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決に携わっている。2007年、デザインとブランディング業務として株式会社クールアンドクレイジーを設立。理念「人と経営の課題を解決して、企業の長期的幸福感成長を目指し、子どもの未来をデザインする」を掲げ、活動の場を広げている。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム