私が思う2代目社長。

JPBAパーソナルビジネスアドバイザーの安次嶺 実奈子です。

 

最近、2代目社長の方とお会いすることが多いです。

私も2代目です。

 

共通しているのは、

□身内だから、自分が一番頑張らないといけない

□親から認められたい

□幼いころから、会社を継ぐように言われて育った

□長く働いている社員に、なめられる。

□話を聞いてくれない、相手にされない

□世間知らずのボンボン又はお嬢さんと言われる

 

私も、会社に入社した時は社員からは、社長の娘さん、まだ子ども、

いつの間にこんない大きくなって・・・

という感じで見られていたので、私の意見は一つも通りませんでした。

 

社員だけではなく、親からも子どもに対する接し方なので、意見を言おうものなら

「いつの間にこんなに、生意気になったのかね・・・・」

といわれてしまう次第。

*当時は30歳くらいだったと思います。結構な大人です(笑)

 

あの頃を思い出すと、笑えます。

 

でも、本当に一生懸命でした。

会社がもっとよくなればいいなという純粋な気持ちで、改善案とか意見を出していたのに、

却下されるという悔しい想いも沢山しました。

 

私の場合は、創業者の父が病気で亡くなったので、母が後を継ぎました。

それも、大変でした。

まぁ。そのことを書くと終わらなくなりそうなので、また別記事で書きますね。

 

 

何を言いたいかというと、2代目として会社を継ぐ方は、

基本的に一生懸命で親や社員の為に、一生懸命働きすぎるということ。

 

本当に、良い方達ばかり。

でも、2代目として前に立とうとすると、前からいる社員や親が口出ししてくる。

 

そうなると、自分が思うようにできなくて。

 

辛い。

苦しい。

なんの為に仕事をしているのだろう・・・

と思ってしまう。

 

口を出す割には、適格な経営アドバイスはない・・・

という感じは多くないですか?

 

時代は流れて、先代が起業したころとは違っていたりするので、

同じ経営方針だと失敗する可能性もありますよね。

 

2代目の方は、今の時代に合わせて仕事をするべきだし、

経営を学ぶ場所を選んでほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
安次嶺実奈子

安次嶺実奈子

デザインカーテン専門店 近光インテリア 代表 1980年生まれ 沖縄県西原町出身。沖縄キリスト教短期大学 保育科卒業。 県内、県外で保育士としてのキャリアを積んでいたところに、父親の病気発覚し、事業を引き継いだ母の助けになりたいと、創業38年の(有)近光インテリアに入社。営業経験が殆どない中、接客・販売担当になるも、お金のブロックと「安くすれば売れる」との誤解から、高い商品を選んだお客様に対して、あえて安い商品を提案をするなど、低価格で数を売らないとならない状況から赤字が続く。倒産寸前の経営難に陥っていたところに、親川政明氏に師事することを決意。 経営再建にあたり、JPBAでも採用している経営戦略手順を実施。理念設計から始め、自分の在り方・お客様への貢献について軸を固めたところ、それを指針に高単価商品を設計でき、自然と自身のお金のブロックもなくなり、本当にお客様が求めている商品を高価格でも提供できるようになる。そこから、わずか5ヶ月で、それまでの5倍の売上を達成し、経営のV字回復に成功。その後も継続的に右肩上がりの成長を続けている。自身の経営のV字回復の体験から得た、「ビジネスを成功するのに、一番早いのはできる人に相談・真似すること。言われたことを決断し、素直に実行すること。」の教訓から、多くの経営者にもより豊かに生きるチャンスがあることを伝えるべく、JPBAに参画。
安次嶺実奈子

最新記事 by 安次嶺実奈子 (全て見る)

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム