西尾順の好き本シリーズ01

【西尾順の好き本シリーズ01】

今日の本:『弱者の戦略』
著者:稲垣栄洋(いながき・ひでひろ)

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

今日の本:『弱者の戦略』
著者:稲垣栄洋(いながき・ひでひろ)
 
いろいろと本を買って、
ノートにまとめる。
 
買って、そしてまとめる。
 
という作業を10年ほどやっています。
 
この話をすると、
「すごいですね!」と言ってもらえるのですが・・
 
本人は、やりたくてやってるというよりは、
どうやら書かないと頭に入らないようで、
面倒くさくて、やりたくないですが、
しょうがないので、やってる感じです。
 
おかげ、いろいろな本と出会い、
「好きな本」と言えるものも出来たので、
ちょっと紹介したいと思います。
 
『弱者の戦略』ってタイトル通り、
生物はどのようにして生き残るのか、
という生物の生き残る戦略が書いてある本です。
 
この本の好きなところは、
最初の一文
「強い者が勝つのではない。勝った者が強いのである。」
 
え!弱肉強食じゃないの?
ライオンじゃないの?っと言うところで
買ってしまいました。
 
強者でない弱者が、
どのようにして生き残るために進化していったのか、
 
・群れる
・メスを装う
・他者に化ける
・動かない
・目立つ
・時間をずらす
・早死にする など
 
マーケティング用語で「ニッチ」というのがありますが、
くぼみや隙間の小さいが市場で、
どうやって条件をクリアして、しぶとく生き残るのか。
 
企業の戦略、ランチェスター、
個人の生き方にも通じる内容でした。
 
最後に、稲垣さんのインタビュー記事で
「生き方のヒント」のようなものが
書かれていたので抜粋して紹介します。
 

<稲垣さんから学生へのメッセージ>
 
ヒット曲の影響で「みんなオンリーワンの存在なのだから、
ナンバーワンになろうとしなくてもいい」と言われることがありますが、
生物の法則は厳しくて、
「ナンバーワンしか生きられない」というのが
【自然界の鉄則】です。
 
それなのになぜこんなにたくさんの生物が
地球上に生きているのかと言うと、
すべての生物が
【自分がナンバーワンになれる、オンリーワンの場所】
を持っているから。
 
そういう場所を生物学では「ニッチ」と言います。

では、ナンバーワンになれる場所を見つけるには
どうすればいいかと言うと、「自分らしさ」を高めること。
 
得意なことや、好きなことで勝負するというのが一番なんですね。
でも、好きだけど苦手だったり、
得意だけどたくさんのライバルがいることもあります。
そういうときに、生物がよく取るのは

「ズラしてみる」

という戦略。
 
例えば、デザインが好きなのに絵が苦手なら、
デザイナーに指示をする仕事に回れば好きで得意なことになるかもしれないし、
同僚がやらないことを探してやってみれば、
あまたいる営業職の中で抜きん出ることができるかもしれない。
 
生き残るために絶対やってはいけないのは、
人のまねをすること。得意なこと、好きなことを見つける
というのは人生を充実させるだけでなく、
生物の法則に照らし合わせても大変重要なことです。
 
<稲垣さんにとって仕事とは?>
 
1)仕事を通し、世の中の一部に自分がいるというのを実感できることがうれしい
 
2)「軸足」を意識しながら、さまざまな経験と掛け合わせることで専門性が深まる
 
3)どんな仕事がしたいかではなく、人として、どう生きたいかを考える

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料で受け取る>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順
日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。S-BRAIN脳活用普及協会 理事。これまで企業顧問として約5000人の経営者の相談を伺い、「人間関係や健康」と「ビジネスやお金」の2つの問題に気づく。その後、人の問題を解決するため「一般社団法人 S-BRAIN脳活用普及協会」の理事として、脳から見た人間の成長や健康に携わり、ビジネスの問題を解決するため「一般社団法人 日本パーソナルビジネス協会(JPBA)」の理事として、企業の経営に携わっている。2007年、デザインとブランディング業務として株式会社クールアンドクレイジーを設立。現在は、「経営力と脳科学の教育を通して、社会を豊かにしたい経営者と共に、トップリーダーの育成を行う」を理念に、活動の場を広げている。著書に『クリエイティブ社長のための会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある(https://www.amazon.co.jp/dp/4991107407)。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム