2つの自信のつくり方

【2つの自信のつくり方】

経営者になるまでの自信、なってからの自信

こんにちは。
日本パーソナルビジネス協会
理事の西尾順です。

バドミントン日本代表コーチ
パク・ジュボン(朴 柱奉)
 
パクさんは、韓国の元バドミントン選手で、
2004年からヘッドコーチを務めている方です。
 
彼の言葉で、印象的だったのが、
「勝つまでの自信のつくり方と
 勝ってからの自信のつくり方は違う」
という言葉でした。
 
-抜粋-
勝負事には「負けても仕方がない」と、
簡単に勝負を放棄してしまうのではなく、
「必ず勝ちたい」という欲が必要。
 
「もしかしたら自分もできるんじゃないか」
「もっと頑張ってみよう」
「私も成績を出せるかも」と、
可能性を感じてもらうことが大事!
 
日本人の競争心の出し方と韓国人とは違う
ただし、アジア共通の闘争心やメンタルがある。

 
これって、経営者にも例えられると思います。

「経営者になるまでの自信のつくり方と
 経営者になってからの自信のつくり方は違う」
 
ビジネス・経営は勝負事、
簡単に勝負を放棄してしまうのではなく、
「必ず勝ちたい」と欲が必要なのかもしれません。

————————–————————–
日本パーソナルビジネス協会
理事/企業顧問
西尾 順 / Jun Nishio

Amazonで有料販売中の
西尾順 著書
『クリエイティブ社長のための会社経営入門』
&トップ営業メルマガ講座を無料プレゼント!
<無料で受け取る>
https://jpb.or.jp/nishiojun_lp/

————————–————————–

The following two tabs change content below.
JPBA理事 西尾順
一般社団法人日本パーソナルビジネス協会(JPBA)理事/企業顧問。株式会社クールアンドクレイジー 代表取締役。これまで約5000人のリーダーの悩みを聞き、相談を伺う。多くのリーダーは「人・組織」と「経営」の2つの課題で悩んでいることに気づく。「人の課題」を解決するために、2015年から脳外科医の篠浦伸禎医師に師事を仰ぎ、脳から見た人間の成長や教育について勉強する。「組織と経営の課題」を解決するために、2008年から当協会代表理事のである親川政明氏に師事を仰ぎ、企業の組織成熟度に合わせた経営課題解決を学ぶ。著書に『会社経営入門「デザイン力×経営力」の教科書』がある。【Amazon】https://amzn.to/2kwkp46

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム