【よくある質問】MLMは、やらない方がいいですか?

JPBA認定
理念設計&ブランディングコーチの
三間瞳(みまひとみ)です。

 

活動していると、
結構な頻度で聞かれることがあるのが、
この質問。

 

MLMは、やらない方がいいですか?

 

やるもやらないも、
本人が「事業者」としての選択なので、
ご本人が決断することですから

この質問自体が、

 

「私は今日、お肉を食べない方がいいですか?」

 

っていう質問ぐらい、
あなたが決めたらいいよ、って話なのですが、

それだとこのブログがここで終わっちゃうので笑、
そもそも
・この質問がよく出る背景と、
・判断のポイント
をお伝えします。

 

 

とかく、世間では、
MLMの評判やイメージが良くないようで・・・苦笑。

 

MLMとは、マルチレベルマーケティングのことで、
いわゆる、口コミのみで広める商材のこと。
店頭などには売っていなく、
紹介者を介してのみしか買えないモノを売る手法。

その際に、購入に至った商材の紹介者に、
紹介料が会社から支払われる形式。

なので、自分が「これいい!」と思ったモノを、
他の人にも勧めるついでに、
自分も稼いじゃおう!ということで
気軽に始める方が多いですよね。

 

だって、自分が使ってイイものだったら、
自然に、人に勧めたくなる、シェアしたくなるのが、人間だからね。

 

とても理にかなっているビジネスモデルだと思いますよ。

 

 

じゃ、それなのに??
なんで、世間では、MLMって、
嫌われたり、毛嫌いされたり、評判が良くないんでしょうか??

 

 

なんでだと思います?

 

 

良くあるのは、
・商品の話をすることを知らずに会って、そのとき突然売り込まれた

とか

・友人がMLMにハマって、どんどん友達を失って行くのを見た

とか

・昔、自分自身もMLMの商材を売って、友人をなくした

 

とか、失敗事例を見たり体験したりといった声が多い印象ですが、
一方で、成功している人もいますよね。
だからこそ、MLMを始める人も多いし、
始めようか迷っている、という人も出てくるんだと思います。

 

 

じゃ、なんで、そんなに失敗談が出てくるのか、
なんで迷うのか、というところ、ですよね。

 

前述した通り、MLMって
ビジネスモデル的に理に適っています。

店頭販売したり広告を出さない代わりに、
流通に携わってくれた口コミしてくれた一般人に
その広告費代わりに紹介料を払うことで、
確実に商品が市場に渡っていくことを可能していて、

考えた人、頭いいよなーって思います。

実際、商品の品質が高いものが多いですし、
本当にイイモノを届けようとしたら、
広告より、人の口コミが一番確実なので、
私は、MLMの形式のビジネスを否定するつもりはありません。

 

ただ、これだけ印象悪いイメージが付いていたり、
MLMは辞めた方がイイですか??

 

という質問が多く出てくる背景になっていることは、

MLMでの商材を取り扱っている会社が悪いのではなく、
MLMで商売をしようとしている、
売っている人の売り方が悪すぎるケースが多すぎる
からなんですよね。

 

これを買うと、こういう権利収入が付いてきて云々カンヌン・・
やれこの商品は、こんな風にイイんだ・・・
一度、説明会に来てくれないか・・・

商品がイイのはわかる
権利収入がイイのはわかる

 

だけど、肝心の・・・あれがないから、
しっくり来ないんですよ。

 

 

肝心の・・・

 

 

 

なぜ、あなたが、
その商品を扱っているの???
という理念・ストーリー

 

なぜ、あなたなの?
なぜ、その商品なの?

結局、動機が、「稼げそうだから」

という理由しか見えてこないとき、
人は、
どんなにあなたが商品の良さを語ろうにも、

「私は、あなたが儲けるための道具か・・・」
というのを肌で感じてしまいます。

 

例えばですが、
こんなストーリーがある人なら、
どうでしょう。

 

ひどい肌荒れに悩んでいた人が、
ある化粧品を使ったら、すっかり綺麗になった。

かつては人前に出るのも嫌、
プレゼンなんて持ってのほか、だった自分が、
その化粧品に出会い、肌が綺麗になってからというもの、

どんどん積極的に前に出て、
プレゼンも難なくこなし、より給与の高い会社に転職できた。
その後、素敵な彼氏もでき、結婚した。

そんな体験をもとに、今度は自分から、
「自信を持って生きる人生」を提供したい!
だからこそ、この化粧品を届けたい!

 

という想いがある人なら、
この人から買いたい、と思うかな。

でも、それでも、表面的だと。。
薄っぺらさが見えると、嫌ですね。
本物の想いが乗っかっているかどうか、ですね。

 

なので、質問への回答としては、

あなたの創りたい未来のために、
その商品が、
あなたの助けたい人にとって役に立つものだ!

と、胸を張って言えるなら、
やったらイイんじゃないでしょうか。

 

逆に、「お金を稼ぎたい」だけだとしたら・・・
決めるのはあなたですが、
とても苦戦すると思います。

 

周りの人から、
「私を、あなたのお金稼ぎの道具にしないで」
って思われるのは、必至ですから。

あなたは、周囲の人に、
そう思われたいですか?

 

稼ぐ、お金を作るだけなら、
投資勉強してお金を転がす(資産運用)とかのが
よっぽど早いです。

 

私がそれを売る理由。
お客様が私からそれを買う理由。

その、明確なストーリーを
あなたは答えられるでしょうか?

 

どんな商材であっても、
売るのは「人」です。

 

「商品」がいくら魅力的でも、

「商品を売る人」が信用できないと
「商品を売る人」が魅力的でないと

商品は売れていきません。

 

要するに、

あなたに理念はあるか?

 

これに付きます。

理念ってどうやって作るの?
そもそも私は何をしたらイイんだろう、
今後の方向性はどうしよう?

 

と思う方は、以下のメルマガで、
理念の発見ワークを記載していますので、
ぜひ、ご登録の上、取り組んでみてください♩

————————-

〜唯一無二の人生ストーリーをビジネス価値に変える〜
「主人公ブランディング」
JPBA理念&ブランディングコーチ

https://jpb.or.jp/mima-hitomi/

 

The following two tabs change content below.
三間 瞳

三間 瞳

JPBA認定講師 三間瞳(みまひとみ) 青森県青森市出身。一橋大学法学部卒業。ニューヨーク留学経験、IT企業の法務部門勤務を経て、2014年、日英翻訳・法務サービスのCross the World株式会社を設立、代表取締役に就任。 会社員時代から数々の新規プロジェクトに関わる中で、プロジェクト成功の鍵は、「ストーリー・ブランド」と経営理念をリンクさせることだと学び、2018年、「多様性を繋ぐ」をコンセプトに、経営者コミュニティ「First L Class」を運営。高級ホテルラウンジで広告なし9回連続満員御礼を達成。また、JPBA講師としても、理念設計とストーリー・ブランド創りの講座には、東京のみならず、青森、沖縄、海外からの受講者・受講希望者がおり、唯一無二のストーリー・ブランド創り、商品化に定評がある。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム