忠告を受け入れるべきな人とそうでない人の見分け方

こんにちは。
理念設計講師の三間です。

 

自分の事業を成長させることにコミットした方は、

自分の過去を棚卸しして、
ブランドストーリーを見直し、

 

ああ!これが理念だ!!

 

と、心から肚落ちする頃には、

かなり抽象度が上がっています。

 

世の中で活躍している人は、
年齢関係なく抽象度が高い方なので、

 

その成長は素晴らしいことなのですが、
抽象度が上がったあなたが
気をつける必要があることがあります。

 

忠告してくる人の存在

 

あなたの周りにも、一人や二人、いませんか?

あなたを昔から知っていたり、
全く起業を経験していない方から、

 

ドヤ顔で、色々、

「こうした方がいい」「これは辞めとけ」

と、忠告(アドバイス)してくる方。

 

 

なぜ気をつける必要があるかというと、

 

この手の発言の中には、

あなたの成長に対しての、

完全に単なる嫉妬、意地悪の場合があるからです。

 

嫉妬されること、
意地悪のエネルギーをまともに浴びると、
あなたのエネルギーが奪われます。

 

せっかく辿り着いた、
あなただけの理念、ビジョン。

 

感動しているあなたに、
あなたが遠くに行ってしまわないようになのか、

こういう人が足を引っ張るような
発言をしてくる時があります。

しかも、さも、
「私はあなたのためを思って」的な
ムードを醸し出して。

 

 

でも、あなたが言われた言葉、
言ってきた相手を吟味してみて欲しいのです。

 

本当に相手のことを思って話す言葉
そうじゃない言葉は、違います。

 

 

その 大きな違いは、
その言葉を伝えて、 伝えられた相手が
明日からプラスに行動できるかどうか。

 

プラスにならない言葉、正論、厳しさは、
使っているその人の弱さの投影です。

 

 

あ、この人の言葉が、
私の明日からのプラスに繋がっていないな、

と思ったら、

 

自分の成長を噛み締めて、
相手に、相手の理念を聞いて、切り返してみましょう。

 

 

「〇〇さんの理念は何ですか?」
「3年後、5年後、10年後は、どうなっていたいんですか?」

 

 

そして、私はね、〜〜〜〜という理念なの。
「だから、大丈夫。心配してくれてありがとう。」

 

 

理念ができた、と言う
死んだ後の世界まで見据えている、
あなたの視座の高さを信じて対応してみてくださいね。

 

 

The following two tabs change content below.
三間 瞳

三間 瞳

JPBA認定講師 三間瞳(みまひとみ) 青森県青森市出身。一橋大学法学部卒業。ニューヨーク留学経験、IT企業の法務部門勤務を経て、2014年、日英翻訳・法務サービスのCross the World株式会社を設立、代表取締役に就任。 会社員時代から数々の新規プロジェクトに関わる中で、プロジェクト成功の鍵は、「ストーリー・ブランド」と経営理念をリンクさせることだと学び、2018年、「多様性を繋ぐ」をコンセプトに、経営者コミュニティ「First L Class」を運営。高級ホテルラウンジで広告なし9回連続満員御礼を達成。また、JPBA講師としても、理念設計とストーリー・ブランド創りの講座には、東京のみならず、青森、沖縄、海外からの受講者・受講希望者がおり、唯一無二のストーリー・ブランド創り、商品化に定評がある。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム