あなたのやりたいことは、本当にSNS起業ですか?

SNS起業だけが「起業」ではない

こんにちは。

JPBA理念設計&ブランディングコーチの
三間 瞳(みま ひとみ)です。

(三間瞳の人生ストーリーはこちらから)

最近のFacebook事情や、
やれInstagramだ、
Youtubeだ、LINE@だ、

最新の使い方をマスターしよう!
だのと、

どんどん個人が発信して行くことを
煽るSNS起業界隈をみていると、


なんとなくずっと違和感を
感じてきたわけだが、
それが、これだった。

 

SNS起業だけが、
「起業」じゃない。

 

ってこと。

 

SNS起業というのが何か、
という定義は、
人により異なるのであろうが、

 

あくまで三間的解釈は、
「C向けビジネス」である。

つまり、Consumer向け=
一般消費者向けのビジネスで、

 

まさに、SNSをみている、
SNSユーザーが
ターゲットのビジネス。


それに対して、
「B向けビジネス」つまり、
Business向け=企業向けの
ビジネスだと、

 

SNSをみている人が業務決裁者であり、
意思決定権でない限り、

1日に多数投稿してたとしても、
あまりSNS起業が馴染まない。

インフルエンサーになったら企業から仕事が来る?

しかも、風潮としては、
どうも、インフルエンサーになれば、
企業からお仕事がもらえるから、
インフルエンサーにとりあえず
なろう、なんていう、


目的が皆目、
不明確な輩も出てきている。

 

 

「有名になるためにインスタをやる」

 

って、有名になって
何をするのか?

 

 

企業から、全く
興味もない物を宣伝してくれ
と言われて宣伝するのだろうか。

 

企業にインスタの使い方を
レクチャーするのだろうか?

 

 

 

・・・よく考えてほしい。
それを持って、あなたは何をしたいの?

 

ビジョンは何か?
理念は何か?

 

果たして答えらるのだろうか。

 

企業から仕事がもらえる私って
すご〜〜〜い!

 

って思えるためにやっているとしたら、
なんと薄っぺらな起業だろうか・・・

手軽に始められるものはライバルも多いということ

そりゃ、
資金ゼロで手軽に始められるのがSNSで、
それで認知を広めて
クライアントを獲得する起業は、
とても手軽である。

 

だけれども、
それだけ参入障壁が低いということは、
それだけライバルも多いということ。

 

もう、
どんどんSNS起業って
難しくなっていってる。


Facebookはもはや、
「何かを売りたい人」で溢れているw

 

よくわからないけど
ちょっと魅力的っぽい、
それっぽいネーミングがついて
個人でやっています、という
人たちが増殖している。

 

だからこそ、
その中で売れていくには、
正直、ド根性が求められると
思っている。

 

という私も、
必ずしもSNS起業推進派な訳ではないのに、

SNS起業を教えてる人、
みたいな位置付けに見られるのが
とてつもなく違和感だったのだ、と
気が付いた。

 

 

JPBAとしても、あくまで
「経営の原理原則」を伝えたいのであって、


ペルソナが誰かによって
商品サービスの届けるための
戦略、使用するツールは異なるし、

 

あなたが起業を目指すとき、
それが個人である必要もないし、
資金調達をして最初から組織を作って
始めてもいいはずなのだ。

 

 

それも、全て「やり方」の話に過ぎず、


「やり方」は理念ができた後にしか、
提案できないはず。

 

 

なのに、このごろは、
起業=SNS起業

 

というテイのコンサルタントが急激に増えたせいか、

 

本来は、SNSではなく
もっと別なビジネスモデルが
あるんじゃないか、という人たちが、

 

せっせと、日夜SNSで
客寄せのために投稿している。

 

それはSNS以外の方法を知らず、
ビジネスの根本から組み立て直しが必要なんじゃないか、

という人たちがいっぱいいる。

確かに「SNS」自体は無視できないものだが

ただ、
どんな事業を始めるにしても、
認知を広めるために
「SNS」を無視はできない時代なので、

どううまくSNSを活用するか、は、
どんな事業でも大切であるのは
間違いない。

事実、企業向けのビジネスも、
Facebookの広告をうまく使って、
認知を広げ、顧客を獲得している。

なんだけれども、こと
・FBにどんな記事を書けばいいか〜
・どうやったらFBで集客できるか〜
という至極具体的なことは、

必要な人には必要なんだけれども、
もっと抽象度の高いところから、

つまり、
「それ、そもそも本当に、
あなたの貴重なリソースを投入すべきことなの?」

っていうところから
問いかけたい人たちがいっぱいいる。

というかそもそも、

「それ、あなた、本当にやりたいことなの?」
という人もいっぱいいて、

投稿内容と
その人の本質がズレまくっているケースも多々ありで、
眼に余るものがあるなぁ〜と。

例えばこんな人が
実際にいたんですが、

「香りコンサルタント」として
やっていきたいんです〜

という女性にお会いしたのですが、

香りの調合や、
ブランドイメージに合わせた
独自の香料のデザインが得意だという。

こういうスキルを
誰が一番に価値を感じて
お金を払ってくれるかというと、

 

おそらく一般消費者で
香りが好きな人もいるだろうが、

もっと手っ取り早く
必要としているのは、

香りブランディングを戦略的に
取り入れたら売上アップに繋がりそうな、
高級な店舗経営をされている
企業ではないだろうか。



こんな例もある。
英語力が上がるツールを
提供したい、と思った時、


同じペルソナでも、
それを本人に直接買ってもらうのか、


本人が勤める企業が
福利厚生の一環として、
社会研修の一環として取り入れて
くれたことでその英語教材に出会うのか?

 

どこからの流入経路が
一番に、あなたの価値をわかって
確実にあなたに売上を
もたらしてくれるのか?を
考えていないままに、


SNS起業をやっている人が
多い気がしてならない。

 

そもそもあなた、
SNS起業とかじゃないんじゃない?

みてる世界、狭過ぎない?

あなたがあなたの商品価値を届ける先、違うんじゃない?


あなたのコンサルが
自分の成功したSNS起業しか
教えられないから、
その規模のビジネスやっているだけで、
根本から戦略が違うんじゃない?

 

っていう疑問がつく人たちが、
た〜くさんいる。

 

現実、私のところにも、
JPBAの他の講師のところにも、

 

 

「他の起業塾に行ったけど、ダメでした」
という人が来るケースが後を絶たない。

理念設計〜ペルソナに合わせた最短の戦略作りを

あなたが、
起業を迷っている人だとしたら、
日頃から、気になるサービスを
提供している企業の
ビジネスモデルに目を光らしてほしい。

 

ちなみに、これ、私の趣味です。
つい、
ビジネスモデルを研究してしまうんですね。

これはどういうお金の流れになっているのだろうか、


これはどういうカラクリなのだろうか、、、と。


これは、最初からこういう趣味wが
あったわけではなくて、


自分がSNS起業塾に通った5年前、
まさに、自分が、
SNSには顧客がいないタイプの
商品を作っていて、
見事に大コケしたこともあってか、

 

そこから、「SNS」に惑わされず、
「経営の本質」を見るように
なったからかもしれないが、

 

SNSかどうかの手前の話、
そこがガッポリ抜け落ちている
片手落ちな教えが
世の中には多い気がするのである。

 

SNSのライティングは、戦術である。
戦術の前に、戦略が必要である。
戦略の前に、理念が必要である。

 

つまり、経営には、
理念→戦略→戦術 の順番で
組み立てて行かなければならないのに、

 

 

世の中を見ると
逆張りで、

戦術をどうしようか。。。

と悩んでいる人が多すぎるのだ。

 

ビジョン/理念がなければ、戦略は立てようがない

あなたのビジョンは明確ですか?
あなたの目指す事業規模は明確ですか?

 

あなたのペルソナは明確ですか?
あなたのペルソナが、
あなたの元に来る導線設計は、
本当にSNSでいいんですか?

 

あなたの師匠は、
あなたの経営戦略を、
理念から導いてくれていますか?

 

 

SNS起業かどうか、
そもそも起業するかどうか、

も含めて、
まずは理念が固まらないことには、
方向性は決まりませんよ。

 

私から教わる必要もありませんが、
少なくとも、
理念設計をおろそかにしたまま
SNS投稿をするように勧めて来るような、
(私が実際に出会ったような)
エセコンサルタントに引っかかりませんように・・・

————-

〜唯一無二の人生ストーリーを
ビジネス価値に変える〜
「主人公ブランディング」
JPBA理念&ブランディングコーチ
https://jpb.or.jp/mima-hitomi/

 

 

あなたが主人公のストーリーを徹底的に洗い出し、

理念を策定する1DAYプログラムとは。

The following two tabs change content below.
アバター

三間 瞳

JPBA認定講師 三間瞳(みまひとみ) 「Cross the World株式会社 代表。 1983年生まれ。青森県出身。一橋大学卒業。 学生時代のNY留学経験と、国際交渉コンペティション参加の実力から「英語交渉」の分野での活躍の 場を求め、ベンチャーIT企業、一部上場のITゲーム会社の法務部門にて、 そのスピードと正確性、その問題把握力で、期間内の達成不可能と言われたクロスカルチャー型プロジェクトの完遂の功績から社長賞を受賞するなど国際法務部門の人材としてのキャリアを積む。 その後、「英語交渉」の分野のスキルを元に起業を志し、なにより、自分自身がより活かされ社会に貢献する道があるはずと思い、退職するものの、そこから自分の事業の組み立てに苦戦する。 軸のある経営に軌道修正ができたのは、親川政明氏に師事したことから得た、「才能」発掘と「理念」策定がきっかけ。 理念を体現するため、2018年、「多様性を繋ぐ」をコンセプトに経営者コミュニティ「First L Class」を運営開始。高級ホテルラウンジで広告なし8回連続満員御礼を達成。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム