「書く」ことの威力とその理由 〜〇〇こそ「書く」べし〜

こんにちは
JPBA理念設計&ブランディングコーチの
三間 瞳(みま ひとみ)です。
(三間瞳の人生ストーリーはこちらから)

 

最近、「書く」ということにはまっています。

 

もっと正確にいうと、
「紙に書く」ということですね。

 

近年は、紙に書いても
どこに書いたかを忘れる、ということで

 

デジタルが一番!
Evernote万歳! Googleカレンダー万歳!
という感じで、
手帳を持たないで来ました。

 

手帳を買っても、結局、
スケジュール管理だけなら
Googleの方が便利で
最初1ヶ月ぐらいしたら使わな〜い。

 

っていう感じになっていたんですよね笑

 

だから手帳に興味もないし
ってところだったのですが、

 

手帳って、そうそう、
こういう本質的なことを書きたかったのよ!

 

という理想通りの手帳を
ようやく見つけまして、

 

それで「書く」にハマっているんですね。

 

 

逆算手帳というんですけれども、
これは本当にオススメです。

 

実現力が高くなると思います。
手帳にアンテナを張っていなかったので、
発見が遅くなったのが悔やまれる。

 

「書く」だけで、
意識が変わるのがわかるし
Google先生がダメな訳ではないけれど、

未来の予定も
手で書き出すことが
とてつもなく思考を整理させてくれるし
ご機嫌でいられるな、と実感してます。

「書く」っていうだけで
自分への染み込み具合が違うのか?

 

・・・で、考えたのは、
なぜ「書く」ということがそれだけ
威力があるんだろう、ということ。

 

 

気が籠る から

 

じゃないかと思うのです。

 

つまりは、エネルギー量です。

 

そうかそうか、
結局、エネルギーが大事!
って話に落ち着くんだな〜〜〜

 

と、妙に腑に落ちてます。

 

 

どういうことかというと
「書く」ってすごいプロセスを
経ないとできないんですよ。

 

 

思考する
→感情が伴う
(ワクワクするとか、面倒だな、とか、
これマジでやるの?とピリピリするとか)
→感情と思考を分けて、思考部分に言葉を当てる
→ぴったりな言葉を選択する
→これ、と思うことをペンを通して紙に現れる <=ここ。

 

紙に書き出される前の段階の、
脳内会話ってやつが人間はずっとされていて
その中で、アウトプットすること
しないことを、懸命にジャッジしている。

 

だからこそ、「書く」というのは、
それだけで言葉として
この世の中に現れる瞬間に
立ち会うということ。

 

それまではこの世界に
目に見えるものとしては存在しないものが、
「書」くというその瞬間に、
世界に産み落とすことと一緒なのである。

 

 

だからこそ、
「書く」ということが
パワフルであり、
それだけでエネルギーが宿るのだ。

 

 

だからこそ!!!
そう、何を言いたいかというと、これ。

 

 

あなたの、「夢」「理念」は
頭の中にあるだけではもったいない!!

 

必ず「書いて」
この世界に存在させてほしい!

 

書かないと、それこそ、
夢が夢で終わる。
現実になり得ない。

 

 

あなたが実現したいこと
え、こんなこと言っちゃっていいの?
こういう風になりたいな、
あんなこともやってみたいな

 

こういう風に生きていけたらいいな、
っていう人生理念。

 

 

そう。
「理念」こそ、
紙に「書く」べし!!

 

ということが言いたかったために
ここまで引っ張りましたよ!

 

 

あなたは、
「理念」を紙に書き出していますか??

 

想い、夢、ビジョン、理念
そういったものほど、

 

「書く」だけで
それが世の中に存在し
実現スピードが上がります。

 

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

———-
年内に自分を見つめ、理念を策定して、
2020年以降の「生き方」を決めませんか?

 

あなたが主人公のストーリーを徹底的に洗い出し、
理念を策定する1DAYプログラム、
年内の開催日程、決定しました!

 

 

2019年10月25日(金)10:00-17:00
2019年11月15日(金)10:00-17:00
都内某所開催

 

 

詳しくはこちらから
The following two tabs change content below.
三間 瞳

三間 瞳

JPBA認定講師 三間瞳(みまひとみ) 青森県青森市出身。一橋大学法学部卒業。ニューヨーク留学経験、IT企業の法務部門勤務を経て、2014年、日英翻訳・法務サービスのCross the World株式会社を設立、代表取締役に就任。 会社員時代から数々の新規プロジェクトに関わる中で、プロジェクト成功の鍵は、「ストーリー・ブランド」と経営理念をリンクさせることだと学び、2018年、「多様性を繋ぐ」をコンセプトに、経営者コミュニティ「First L Class」を運営。高級ホテルラウンジで広告なし9回連続満員御礼を達成。また、JPBA講師としても、理念設計とストーリー・ブランド創りの講座には、東京のみならず、青森、沖縄、海外からの受講者・受講希望者がおり、唯一無二のストーリー・ブランド創り、商品化に定評がある。

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

LINE@、メルマガにて次回のセミナー情報やブログの更新をお知らせします。


友だち追加

無料の資料請求はこちら

資料請求フォーム